• 環境づくり2
    みなさんこんにちは。今日もわざわざの訪問、まことにありがとうございます。前回は悪習慣へのハードルを上げる方法と、新習慣へのハードルを下げる具体例をあげました。今日は別の参考リンクをもとにもう少し情報を追加したいと思います。今日の参考リンクhttps://jamesclear.com/power-of-environment大事なことなので繰り返しにはなりますが、前回の記事でモチベーションよりも環境作りの方が重要だという旨お話ししました。環...
  • 環境づくり
    みなさんこんにちは。今日もまたはるばる足を運んでいただきまして、まことにありがとうございます。前々回は「ゴール設定」と「日々のプロセス」の比較について、前回は努力のみならず努力を向ける方向も同様に大事だという旨、お話ししました。今日は環境づくりについていくらかお話しします。新しい習慣を作ったり継続したりすることについてはよくモチベーションをどう維持するか、向上するかという議論になります。しかし、実...
  • ニュートンの第二法則
    みなさんこんにちは。今日もまたまたわざわざ当ブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。ずっとずっと、英語学習の大枠と準大枠(音読・リーディング・TOEIC・英検等)の情報提供が終わるまでは「毎日更新」を継続したいとお話し続けていて、その準大枠は先月終わりました。が、まだまだ当ブログにはたくさんの方に訪問していただいています。この理由から、せめて今年いっぱいは毎日何らかの情報をみなさんに提...
  • ゴール(設定)VS日々のプロセス
    こんにちは。みなさん、私の最後の準大枠「英検」が終了したにも関わらずわざわざ、そしてはるばる当ブログまでお越しいただき、本当にありがとうございます。当初は大枠や準大枠が終了したらすぐに更新頻度を毎日よりは低くしよう(私の時間能力では自分の学習と、「毎日更新」の両立がまだかなり厳しいというのが主な理由です)と思ってましたが、せめて今年いっぱいくらいまでは毎日更新継続していけたらなと考え始めました。い...
  • 文法の疑問(時・条件を表す副詞節中でなぜwillを使わないのか?)
    みなさんこんにちは。またまた当ブログまでお越しいただき、本当にありがとうございます。前回は「どのように時間を積み重ねるか」と「英語学習の障害」についてお話ししました。今日は、文法事項「なぜifやwhenに代表される、時や条件を表す副詞節中では未来のことであっても現在形を使うのか」についてお話ししたいと思います。といっても、私自身が100%の自信をもってお伝えするものではなく、いくつかの参考書で私が出会った...
  • どのように必要な時間を積み重ねるか2(+英語学習の障害2)
    みなさんこんにちは。今日もわざわざ当ブログまで足を運んでいただき、まことにありがとうございます。前回から「どうやって2,000時間強を達成するか」についてお話ししています。続きです。厳密に広い視野から見れば2以降も「1習慣作り」の延長上になりますが、今回は別枠で見たいと思います。しつこいですが、何時間でも取れるとしても必ず1時間ごとに5~10分の休憩時間は設けてください。これがないと1日という短期的枠の...
  • どのように必要な時間を積み重ねるか
    みなさんこんにちは。今日もまた当ブログまでわざわざご足労いただき、まことにありがとうございます。前回は、英語が使えるようになるために必要なおおよその時間と今までみなさんが積み重ねてきた時間についてお話ししました。今日は残りの2,000時間強をどうやって克服するかについてお話しします。もちろん今までも学習のコツについて何回もお話ししてますので、重複する部分もあるかと思いますが、重複するかしないかに関わら...
  • 英語を使えるようになるために必要な時間
    みなさんこんにちは。今日もまたまた、度重なるご訪問まことにありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。今日は英語を使えるようになるために必要な時間と、そのうちのどれくらいの時間を学校で積み重ねたかについてお話しします。ほとんどの方が中学校入学と同時に英語の授業を受け始めたのではないかと思います。今日はこれについて、本当にざっくばらんに計算してみます。授業1コマ50分、英語の授業が週に4回だとし...
  • たった1度きりの人生
    みなさんこんにちは。今日もまたわざわざ当ブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。いよいよ12月に入りました。ベタですが、早いものです。今でも今年に入ったばかりのとき初詣で家族の幸せと健康、そして自分の学業の順調な進歩を祈ったのをはっきりと覚えています。どんな風に過ごしても時が流れ、人生は必ず終わりを迎えます。であればやはり死ぬ間際に一番後悔しないように日々過ごしていくしかありません。...
  • 日本の現状4
    みなさんこんにちは。今日もわざわざ当ブログを訪問していただき、本当にありがとうございます。前回は、「日本の現状1・2」の記事にてお話しした「大学入試への民間機関による英語試験の導入に関連する問題」にさらに続いて、「日本の早期英語教育の改革の遅れ」の現状について要点を見ました。今日はその問題について、なぜこうなったかということとどうするべきかについて、個人的見解をお話しします。今回の日本の現状問題の...
  • 日本の現状3
    みなさんこんにちは。今日もまたまたわざわざのご足労、まことにありがとうございます。今日はまた、社説から日本の現状について考えてみたいと思います。大学入試制度の問題点自体については、日本の現状1と2にて私の個人的見解をお話ししましたので、今回はジャパンタイムズ社説の後半部分(日本の小学校での英語教育)について、私の意見を述べたいと思います。というのは、ここまで日本の小学校での英語教育が遅れているとい...
  • 1日の範囲内での効果的な学習の切替え
    みなさんこんにちは。今日もまたわざわざこのブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。今日は英語学習を長期間継続する(生涯継続する)にあたって、もし1日のうち長時間を充てることができるとしたらどのように行えば効率よく休憩を兼ねながら継続できるかについてお話しします。以前までの記事で「1時間に5分~10分は休憩は必要」だという旨お話ししました。これとは別ものとして、どのように体の各部位を休...
  • 時間的コストと得られる利益の比較衡量
    みなさんこんにちは。本日もまたわざわざこのブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。ここ最近は英語学習に役立つことを、個人的意見と客観的見方と交えてお話ししております。今日もまた英語学習に役立つことをお話ししたいと思いますが、今日はかなり個人的色合いが強い内容です。いくらか以前の記事でお話しした「スイッチングコスト」と共通する面があります。今日は具体例や説明が本当に長いので、また結論...
  • 学習するときの一番やっかいなポイント
    みなさんこんにちは。今日もまたわざわざ私のブログお越しいただき、まことにありがとうございます。今日もまた、英語学習について(何にでも当てはまりますが)役立つことを1つお話しします。みなさんは英語学習をするにあたって一番難しいところがどこかご存知でしょうか。最初から最後まですべて含めてです。実は、一番難しいところは「とりかかり始めるまでの(主に精神的)抵抗」です。私が実際に最後に紹介するリンクに出会...
  • 朝は1日のゴールデンタイムかつ脳のゴールデンタイム
    みなさんこんにちは。今日もはるばる私のブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。前回までの記事で、「もし私が学習とその他の用事を1日の中の好きな時間帯に割り当てられるとすれば、ほぼ確実に学習を先に持ってくる」という内容のことをお話ししました。今日はその理由についてお話しします。主に4つに分類しました。そのうちの1~3は睡眠の力によって脳が元気を取り戻すということから導かれます。1休息...
  • スイッチングコスト
    みなさんこんにちは。今日もはるばる私のブログまでお越しいただき、本当に本当にありがとうございます。先日「選択と集中」についてお話しさせていただいたのにちなみ、今日は「スイッチングコスト」と呼ばれるものについてお話しします。私が最初に出会ったのは英語でした。(switching costs)この用語は何かを切り替える時に発生する金銭的なコストはもちろんのこと、その他のコスト全般を意味します。例えば、スマートフォン...
  • 選択と集中
    みなさんこんにちは。英検についての振返りを終えたにも関わらずまたはるばるこのブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。見に来てくれる方がいる限りこのブログは存続します。今日は「選択と集中」についてお話しさせてください。直訳で「selection and concentration」。「選択と集中」はすごい力を持っています。以前、次のような文章に出会ったときがあります。なるほどなと思いました。※いつもながら、完全...
  • 英検1級22(最終回)
    みなさんこんにちは。今日もまたはるばるお越しいただき、まことにありがとうございます。今日は「英検」シリーズのついに最終回です。前回までで振返り自体は終えました。ここが今現在の私の「位置」です。ここまでの過程でしたら、私の経験や知識の範囲内でみなさんにお手伝いできます。英検に受かったことで何が変わったか?正直に申しますと、TOEIC900オーバーを果たしたときと基本的には大きく変わりません。https://eigo1981...
  • 英検1級21
    みなさんこんにちは。今日もまたまたのご足労、まことにありがとうございます。続きです。結果が気になり眠れない日々を過ごしつつ(もちろんトレーニングは常に継続です)、ついに結果発表当日。オンラインでの合格発表は13時からということでしたが、あまりにドキドキして15分くらいの間はサイトを訪問できませんでした。インターネットのサイトを訪問するのにこれほど緊張したのは生まれて初めてでした。「合格」という字が目に...
  • 英検1級20
    みなさんこんにちは。多忙な日々にも関わらず毎日のように私のブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。続きです。ついに4回目となる二次試験の開始です。今回は「May I~?」だったか「Could I~?」だったか忘れてしまいましたが、適度な緊張とともに入室。今回は私の英検史上初めてどちらも過去に面接してくださった方々でした。50代くらいの日本人女性の方は前回(2018年度第3回)、そして40代~50代くらい...

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com