• 子音12
    みなさんこんにちは。今回もまた当ブログをご訪問いただき、まことにありがとうございます。続きからです。今日もまた、無声音と有声音のペアです。無声音は「ʃ」有声音は「ʒ」です。「ʃ」は簡単です。ほとんど誰でも一度は「しー!」と静かにするように他の人に合図したことがあると思います。「ʃ」はこの「しー!」から母音の「いー」を抜いた音です。一般的な解説は「舌の前の部分を上の歯茎に近づけて「シ」と息を出す」です。...
  • 子音11
    みなさんこんにちは。今日もまた当ブログをご訪問いただき、まことにありがとうございます。続きです。今回は無声音「θ」と有声音「ð」のペアから。この二つの音は、「日本における英語教育」を受けた方にとっては最も強く記憶が残ってるのではないでしょうか。発音方法はおなじみの「舌の先を上下の歯で軽くかみ舌と歯のすき間から「ス」と発音する」でももちろんよいのですが、舌先と上の歯が接してさえいれば、下の歯は全く関係...
  • 子音10
    みなさんこんにちは。今日もまたご訪問いただきまことにありがとうございます。続きです。今回は「h」からです。口を普通に開いて、声でではなく、「ハ」と、喉の奥から強く息のみで発音します。この音についても、上記の説明より「は」とか「ひ」から母音を取り除いてくださいという説明の方がしっくり来るかもしれません。「h」の音に母音がくっついて日本語の「は、ひ、ふ、へ、ほ」の音になっているのですから。続いて無声音と...
  • 子音9
    みなさんこんにちは。今回もまたご訪問、まことにありがとうございます。また、前回は不完全燃焼で不十分なまま力尽きてしまい、申し訳ございませんでした。子音の続きです。今日はまた、無声音と有声音のペアに戻ります。「f」と「v」です。日本語にはない音のなかで、皆さんが学生時代の授業でどう発音するか習ったか最もはっきりと思い出せる音の代表格です。よく、上の前歯で下唇を噛んで発音すると言われていますが、実際、上...
  • 子音8
    みなさんこんにちは。本日もまた当ブログを訪問していただきまして、まことにありがとうございます。感謝の気持ちを忘れては人生終わりです。さて子音の続きです。「ŋ」から。私の書籍の表現を拝借しますと、「舌の後ろの部分を上あごの奥にくっつけて、鼻から「ング」とやわらかく発音する」です。個人的な解説を加えますと、「g」は日本語の「が、ぎ、ぐ、げ、ご」から母音「あ、い、う、え、お」を取り除いた音で、今回の「ŋ」...

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2012夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com

月別アーカイブ