どのような経緯で英語学習再開に至ったか(回顧録)3

こんにちは。

今回もまた、このブログを訪問してくださり、まことにありがとうございます。

前回からの続きです。

いわゆる「情報ばかり集めて実践しない人」に、
一時的にはおちいっていましたが、追い求めていたものに
ついにたどり着きました。2012年の夏の話です。

それは「英語独学虎の穴」です。

http://eigonotora.blog84.fc2.com/?all

著者の内容を見たときにはもう確信しました。
ああ、これで私の情報収集は終わるだろうと。
※これから、私が師匠とか恩師とか書いたときは
この方のことを指します。よろしくお願いいたします。
(過去にも一度だけ「英語の師匠」と書きました)

なぜなら、33歳から英語学習をやり直して、
この日本(ほぼ100%日本語環境の国)で、
仕事でも英語を使わない生活の中で、独学で
「使えるレベル」までたどり着いていた方
だったからです。(英語関連の試験は満点、
英語を教える資格を持っている今でも
毎日精進されています。頭が下がります。)

このような経歴の方がいらっしゃるということは
正しい過程さえ踏めば、結果は約束されている
ということです。始めない手はありません。

拝見するたびに胸が高鳴り、読了したときには
「始めます」という内容のメールを送っていました。

まさか、返事なんて期待していませんでしたが、
「その決意、しかと聞きました」との返信を
いただきました。もう後戻りはできません。
後戻りする気はさらさらありませんでしたが・・・・

続きます。

皆様のどうかきよきクリック、よろしくお願いいたします。
出来る限り多くの方に英語を使えるようになっていただく
ための原動力となります。

  にほんブログ村 英語ブログ
にほんブログ村

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com