アウトプットトレーニング(書き続ける)5

みなさんこんにちは。

今日もまたお忙しいところわざわざお越しいただき、
まことにありがとうございます。

さあ続きです。

前回は、恩師のプロジェクトに参加したこと、そしてついに「会話」を
始めたことをお話ししました。

その会話についてから。

プロジェクト中に恩師から推薦されたのが「Native Camp」でした。

https://nativecamp.net/

主な講師はフィリピンやセルビア国籍の方で、ネイティブスピーカーでは
ありませんが、このサービスの最大の魅力は1週間の無料期間があるということと、
何といってもレッスン数無制限なところです。
※1レッスン正確には26分ですが実質25分

この「レッスン無制限受け放題」というのは、現時点でもNative Camp以外では
提供されていないサービスだと思います。(最近何度か調べてみました)

大抵の場合、講師はネイティブスピーカーかもしれませんが(またはノンネイティブでも)
1日1,2レッスン(1レッスン25分程度)までで、
それでいて月々5000円程度(当時のNative Campと大体同じ価格です)かかります。

この時点で、この記事のタイトル「書き続ける」は不適切かと思われるかもしれません。
しかし、この時点で、「会話」はまだおまけでした。「書く」作業が中心のままでした。

何といっても会話ですからね。

語学で言えば基礎トレーニングにあたる音読トレーニング、大量リーディングなどとは
わけが違うわけです。

野球で言えば、毎日のように素振りやトスバッティング、守備練習を重ねてそして時々
試合(練習試合)を行って反省点を見つけるのと同じように、
語学では(少なくとも、本当に純粋に会話を楽しめる境地から遠いうちは)
地味なトレーニングを日々積み重ね、そしてときどき会話(試合)をして
自分の課題を見つけるのが理想です。(少なくとも、相当にインプットをやり込んだ方以外)

まあ本当のオフライン生活上の会話ではなく英会話講師との会話なので、
試合まではいかず練習試合くらいにあたるとはいえますが。

それでも試合は試合。試合(会話)ではリスニング(理解する)の他に次は
自分で何を言いたいのか考え、そしてそれをきちんと英語で発信する。

そしてその発信の際には日本語から一番距離のある言語の一つである
英語の発音をきちんとできるように気をつけなければなりません。
もちろん文法も日本語と違う以上意識的に処理せざるをえません。

ひとつの作業に集中すれば他の作業がおろそかになる可能性があります。
(これが日々のトレーニングで出来るだけ「自動化」を心がける理由です)

リスニングに集中力をもっていかれれば今度は頭の中での英作文がおろそか、
はたまた不可能な状態になってしまう可能性もあります。

本当の会話では、こちらから言葉を発するまでに毎回何秒もかかっていては
相手にストレスを与えてしまいかねません。会話が成り立たなくなります。

ということで、試合(練習試合含む)は時々、トレーニングは常時、というのが理想です。

と偉そうに長々と書きましたが、ここまでは建前上(理論上)の理由です。
個人的なことを申し上げると、実はこの時まだ子どもたちが小さくて
同じ2階にいるうちはとても英会話に没頭などできる時期ではありませんでした。

スマートフォンは持ってましたが、(英語学習に支障がない限りスマートフォンには
全く興味はありません。SNSを一切やらないのもこの性格が少しあるかもです笑)
運悪く私のはアンドロイドで、アイフォンではレッスンが受けられるのに
アンドロイドフォンには残念ながらまだ対応してませんでした。

※確認!私の個人的な理由はここではあまり重要ではありません!
それよりも理論上の理由は本当に大事なことです。特にインプットトレーニングの序盤で
英会話に進まれる方は必須の知識ですのでよろしくお願いします。きちんと予習や
復習にも時間をとってください

建前上の理由2割、個人的な理由8割笑で、このときはたま~に家で一人っきりの
時間が取れたら訪問しまくるという感じでした。
(私の場合はTOEICで900を超えるまで会話を始めなかった、(開始時期が
遅かった)という要因も建前上の理由の割合を押し下げている要因の一つです)

会話については2016年7月24日がデビュー戦で、
そこから上記の頻度で継続して年を越しました。

会話デビューを果たし、ときどき会話をしながらも書き続ける毎日でした。

続きます。

みなさまのおかげで、日本社会へ貢献できるだけでなく、
改めて自分の歩みを振り返るいい機会にもなっています。

ありがとうございます。

日々の清きクリックもどうか、よろしくお願いいたします。
(^^)


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com