英検1級13

みなさんこんにちは。

今日もわざわざ時間を割いてまで私のブログにお越しいただき、
まことにありがとうございます。

さあ続きです。

前回に英検の振返りの中である意味最重要とも言える、「血肉化」の具体的内容に入りました。
今日もまた少しだけ続きをお話しします。

前回お話しした、「1 トピックのタイトルを見て自分で思い浮かべられる理由・具体例は必ず用いる(テキスト内の、一番疎遠なものと置き換える)」について、追加でお話しさせてください。

この1についてですが、トレーニングを開始する前からの「本当の当初の自分で考え付く理由・具体例」である必要はありません。
「血肉化」の過程の中で、それまでに吸収した理由・具体例をそのまま、または少しだけ形を変えてぶつけられるテーマに出くわすことがあります。(血肉化の過程が長くなれば長くなるほどそうできる確率は高くなります。)

私自身の具体例をお話しします。
例えば「Will people be more dependent on robots?」(将来ロボットへの依存度は増すか?)に対して私が用意した一つの素材が以下です。

The labor shortage is exactly one of the most impending and serious crises Japan has to overcome.
According to one estimate, Japanese people alone will not be able to satisfy the entire demand in several industries, such as the nursing care industry, as early as 2025.
As the supply of workers dries up, we have to depend more not only on foreign workers but also on robots to make up for the shortfall.」
(労働力不足は日本が克服しなれければならない、最も差し迫った深刻な危機の一つである。
ある推計によると、日本人のみでは介護業界など、いくつかの業種で早ければ2025年に全需要を満たせなくなる。
労働者の供給が尽きるにつれ、私たちは外国人労働者のみならずロボットにも不足を補うべく頼る必要が出てくる。

労働力不足という問題は、「少子高齢化がいいことかわるいことか」「低い出生率はどんな悪影響を及ぼすか」「移民受入れは必要か」といった様々なテーマに直接に関連します。

したがってもし楽観的な見方のスピーチではなく、上記の素材と同じ路線で「本当に深刻だ」というような感じの主張でスピーチをするならば、上記の英文の一番最後の部分をちょっと変更するだけで上記のテーマに対応させることができます。

例えば

・少子高齢化のトピックでは、we have to depend more and more on senior citizens and female workers to make up for the shortage.(労働者不足を解消するために高齢者や女性労働者に、よりいっそう助けを求める必要がある)と変更できます

・移民受入れの是非に関するトピックでは、we need to rely more not only on elderly people but also on foreign workers to make up for the shortfall.(高齢者だけでなく、労働力不足を解消するべく外国人労働者にも救いを求める必要がある)と応用できます

これらの例のように、「血肉化過程」で培った理由または具体例がほかのトピック(時間的に後にトレーニングするトピック)に的確に対応できるというケースがこの過程の中で少しずつ増えていきます。少なくとも理論上はいわゆる雪だるま式の増加になるはずです。

これが「血肉化」による恩恵の一つです。たとえ理由・具体例単位で吸収しなくてもスピーチ単位でトレーニングしていっても上記の応用ができるようになっていきます。

そして自分で応用した理由・具体例を参考書にあるスピーチ内の、一番分かりずらい疎遠な理由・具体例と置き換えることによって新スピーチが一気に自分のものにぐっと近くなりますし、吸収しやすくなります。

これはもちろん即興でやれるようになる必要は必ずしもありません。
少なくとも「血肉化していく過程」の中でこればできれば、そしてこの作業が楽になっていけばそれはそれで大万歳です。
間違いなく上達の証です(^^

続きます。

みなさまの日々の応援本当にありがとうございます。
どうか本日もよろしくお願いいたします。

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com