来年のトレーニング予定

みなさんこんにちは。

今日もまたまた、お忙しいところわざわざこのブログまでお越しいただき、
まことにありがとうございます。

本日は、来年からリスニングトレーニングに使う予定の素材が最近大方決まりましたのでそれについて私の来年の方向性をみなさんにお知らせする予定の日で、記事の案を数日間練りながら温めていました。

しかし、悲しいことに、そして恥ずかしいことにその案を誤って全て消失してしまいました。

つきましては本日は即興のみでお知らせしますので、もともと質が良くない文章がさらに良くないものになっている旨、始めのうちに申し上げておきます。申し訳ございません。

リスニングトレーニングについて、実は以前の記事にて私自身についてのすべてを暴露した際に、このついでだという思いと自分自身への励みにもなるかもという理由から、下記のTEDトークを少しずつ始めてはいました。
「The power of vulnerability」(vulnerabilityとsusceptibilityはセットで覚えておくといいと思います(^^))
https://www.ted.com/talks/brene_brown_the_power_of_vulnerability

リスニングが簡単ではないトークですが、始めたからには最後までトレーニングしたいと思っています。

一方で、先日「機械的な作業」についてお話しした記事にて、次の私のリスニング素材はせっかく用意した参考書を使わないともったいないと理由も手伝って下記の書籍になる予定だという旨もお話ししました。
アメリカの子どもはこんな英語を話している(CD付) (CD BOOK)

しかし、CDをいくらか聞いているうちにやる気がなくなってしまいました。なぜかといいますと、確かに本物の英語という意味ではいいのですがやっぱり言葉に詰まり過ぎていたり、声が可愛いらしすぎたりしていて、純粋なリスニングトレーニングの対象としては魅力に欠けていたからです。

そこで、決断しました。もう先送り(スクリプトの間違いなどの恐れから映画やドラマのトレーニングに取り組まないこと)はやめようと。恩師から「何かひとつ映画に取り組んでみてください」という提案を受けて、かつ私もそうしたいなと思い始めてからなんと約1年半後での決断です。何という先送り人なのでしょう。

汚い言葉を使わせていただければ、チキン野郎そのものです。

下記のものに決めました。
プラダを着た悪魔

理由はいたって簡単です。

・「スクリーンプレイ」という書籍シリーズのおかげでスクリプトの間違いを最小限に抑えることができる⇒ディクテーションの答え合わせをかなり迅速化できる
・辞書を引いても意味が取れないところが仮にあったとしても訳を参照できる
・「変な訛りが少なく大方標準アクセントの英語で占められている」というインターネット上の情報がある
・時間の割に会話が多い(単位時間当たりの学習効率がよい)
・いざとなれば「超字幕」というパソコンのソフトにも対応している

これらの理由のみから選んだので、いまだに映画の内容は全く持ってわかっていません笑

言語学習における継続をより確かなものにするには自分が楽しめるものを選ぶことが必須なのですが、私の場合はとにかく英語力さえ向上できれば内容はそこまで問わないという性格が功を奏して、内容はまで深く調べる必要はありませんでした。

実のところ、私の現時点での最後のリスニングトレーニング素材のドラマも内容は全然気にせず用意したのでした。
英語でドラマを楽しもう!

内容は問わないというのは私の強みでもあり、私を風変わりな人に仕立てている要素でもあります笑
※みなさんは継続を確実なものにすべく必ず、楽しめる(と思う)ものを選ぶようにしてください

話は戻りまして、これらの諸事情から、上記のTEDトークを1つ(このスピーカーさんが2つトークをされているのでもしかすると2つ)ある程度取り組み終わったら、ついに映画の挑戦に独り立ちする予定です。

今からとても楽しみです。

今日はいつも以上に質の劣ったお知らせになってしまいましてまことに申し訳ございません。

みなさまの日々の清きクリック、本当に本当にありがとうございます。
どうか明日からもまた引き続きのご訪問、どうかよろしくお願いいたします。

今日も貴重な時間をいただきまして、どうもありがとうございました。

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com