日々思うこと

みなさんこんにちは。

今日もまたまた、当ブログまでお越しいただき、
まことにありがとうございます。

今年の終わりと、来年の始まりが近づいていることもあり、今日は私が日ごろ思うことをお話しします。

私の高校時代の英語の先生が以下のような内容のセリフを言ったのを今でも覚えています。

「みなさんの1年1年はわたしたちのそれよりも遥かに重い」

今振り返ってみると、本当に個人的意見ではありますがそんなことは断じてないと思います。

確かに保育園・幼稚園から小中高そして大学と通う先は時の経過とともに移り変わり体も成長していくので、感覚としては誕生から社会人になるまでの過程での1年1年が相対的には重そうには感じます。

しかし、果たしてそうでしょうか。私は社会人として働いている大人も同じ重さを持つ1年1年を過ごしているはずだと確信しています。

確かに、大人は仕事先は一般的に通学先ほどは頻繁には変わるものでもありませんし、身体は成長するどころかところどころ衰えていく部分もあります。私はここ数年で大分白髪が増えました涙

でも白髪と引換えに(?)、英語力の意味ではここまで歩んで来れました。これは大人になってからでも何かにおいて成長できる余地は十二分にあり、成長するためには子どもや学生たちに負けないくらい充実した1年1年を歩んでいかなくてはならないことを意味すると思います。

今度は私が今振り返ってみて、本当に賛同できる言葉を紹介します。とは言っても誰もがきいたことがある言葉です。中学での保健体育か国語の先生の言葉だったと思います。

「成長も老化の一形態である」
「生まれた瞬間から老化が始まる」

人の寿命が80年でも何年でもその1年1年を同じ重さを持つものとして過ごさなくてはなりません。しかもその重さは幼少期や思春期・成長期と同じ重さです。どんな風に過ごしても時が過ぎ去るなら空虚な時間より充実している時間の方が遥かにいいでしょうし、死の床でも後悔が少ないことでしょう。

先日、通称「北部シルバーエリア」へ子どもたちと行ってきました。
http://www.silverarea.jp/hokubu

ここは、下の子がまだ生まれていなくて上の子がはいはいをしていたころから定期的に来ては楽しませてもらっている場所です。

複数あるキッズコーナーも、毎週末上映される映画(映写会)も、バドミントンや卓球、バスケットボール他ボール遊びをする体育館エリアも全て無料で利用できる、非常にありがたい場所です。

初めて行ったときは息子がはいはいで廊下を進むのを見て楽しんでいましたが、先日行ったときは子ども二人とバドミントンやドッヂボールをして遊んできました。

同じ年数を過ごしたのだから子どもたちのこの成長の分だけ自分も成長できたかなと考えてしまいました。

家族時間の大切さを知ったということと、英語力そのもの、そして英語学習の経験で得られた人生の過ごし方の大切さについて知ったということ…

これらの点について成長できたのだからまあよしとしようというのが自分で得られた回答でした。

また、家族時間の大切さを知ったおかげで、家族時間をないがしろにしていた頃は子どもたちに「完全に嫌われていた」状態だったのですが、今では「妻と比べては相対的に好かれていない」という状況にまで改善しました。

全体的な身体機能は少なくとも長期的には徐々に衰えてしまうかもしれないけれども、それ以外で常に成長しようと決意しました。

そしてどのように成長していこうかというのが、先日お話しした「将来の夢」の中身そのものなのです。

英語力を全く抜きにして、みなさんは何か去年より成長できたと言えるものはあるでしょうか。別になくても構いません。来年から今年を振り返ってみてそう思えるように今後過ごしていけばいいのです。

人との絆を深めるもよし、何かの資格試験に向けて張り切るのもよし、英語を身に付けるのもよし。分野は問いません。

※前より重いタールのタバコを吸えるようになったとか飲めるお酒の量が増えたとかは除きます!

私の場合は英語力(特にリスニング力)の増強と、そのための映画へ挑む勇気・やる気の向上と、家族時間の充実性の向上をまずは当面の成長分野とします。

そして、最後に言わなければいけないこと(ずっと前にもお話ししました)は、人生において成長すべき理由は「ギブ」(フィードバック)することです。ある程度の所までたどり着いたら少しずつ世の中への還元を始めて行きましょう。

今日もわざわざ時間を割いてまでブログを訪問していただき、
本当にありがとうございました。

みなさまの日々の清きクリック、どうかよろしくお願いいたします(^^)♪

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com