早くも2月を迎えての現状報告

みなさんこんにちは。

今日もまた当ブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。

新年を迎えてあっという間に1月が過ぎ去り、このままいくと2月もあっという間に…ということになりそうです。そこで今日は自分の現状について、自己確認も兼ねて報告いたします。

まずは映画への挑戦の前に寄り道していた、お正月休み中に購入した書籍ですが、恥ずかしいほどに遅ればせながら、ついに最後までたどり着きました。。
スタンフォードの「英語ができる自分」になる教室

今回のテキストは「初めての英語をシャドーイングしながら意味をとってみる」の姿勢で臨みました。

そして数回取り組んでみて大意をくみ取って聞き取れなかったところは原因を解明するという手順を必ず行いました。

その後はシンクロ読み⇒ひとり読み⇒シャドーイングと高速読みといった感じです。

試験でいえば要約問題で間違うほどの手痛いミスは幸いありませんでした。が、やはり100%一字一句を求めるとなるとまだまだ道のりは長いです。

内容自体も素晴らしくみなさんに紹介する価値も十分にありますが、今までこのブログにてお話ししてきたこととかなり内容が似通っているので、改めてお話しする必要はないと悟りました。(^^)

終わりまでたどり着いたからといってもすぐに次の教材に移らないで、いくらか熟成期間を設けようと思ってます。

この熟成とはどういう意味か。

音読やシャドーイングについて、私の場合数十回から100回程度だとインプットレベルでかろうじて会話のスピードでの理解に支障がないくらいの習熟度でとどまってしまいます。

上記の回数にとどまらず、数百回から1000回?以上の過程を経ることによってインプットレベルであれば母国語レベルのスピードでの理解、そしてアウトプットレベルにおいてもノンネイティブスピーカーとしてのスピードで発話出来る境地までたどり着こうというものです。

(この理由から今でも過去に取り組んだ映画(We bought a zoo.)やその次に取り組んだ英語ドラマの教材(下記リンク)を今でも日常的にひとり読み・シャドーイングをしてできるだけ深いところに落とし込もうと励んでいます。)
英語でドラマを楽しもう!

もちろんこれは目標に過ぎず完全にこれを目指してばかりでいれば次の教材に移るのが大幅に遅れてしまいます。結局は量と質両方を大事にしなければいけません。この理由から、本当に全てが深いところに落ちたかわざわざ確認するという作業はいっさい行っていません。

この質と量の問題結構奥が深いです。

私が英検の面接対策で用意したスピーチのサイト(初めて紹介した時に比べて1つはテーマが増えています)
http://naoto1981.jugem.jp/
を用いたトレーニングで、英検合格当時は各スピーチ100回か100回台程度だったものがおかげさまで今現在では数百回はくだらない程度になり、ここまでくると負荷が負荷でなくなり始めます。

そうなると質(回数)のみを追求してきたこれらの素材が他の話題へ比較的簡単に生きてくるんです。質にこだわり過ぎては量がおろそかになる、というのが原則ですが、このスピーチの例は逆に「質の追求⇒量への好影響」という珍しい1つの例です。

そこで結論ですが、どのくらい既存のものをやり続けてから次のものへ移るかという議論についてはそこまではあまりこだわる必要はないと思います。

睡眠で言えばノンレム睡眠とレム睡眠とごちゃごちゃ考える必要はなく、ただ必要な睡眠時間を脳みそに提供すればことが済むというのと同様に、ある程度量と質のバランスを取って進めていてかつ必要な学習時間を確保さえできていれば英語力はおのずと上昇していきます。

英語学習に直接は関係しないので重要ではありませんが、パソコンの話に移ります。

ノートパソコンのマイクロフォンとカメラ機能がだめになってしまい、修理の見積もりを依頼するも新品パソコンを用意するための金額以上を要することが分かり、新しいのを用意しなくてはならないけれども、選ぶのにそんなに時間を取られたくないという旨以前お話ししました。

結局、いくらかは勉強させてもらいました。
CPUは2G以上がよい・メモリは8G以上はよいという2点は本当に勉強になりました。実際に作業にあたる人がCPUで、作業するのに使う机の広さがメモリだそうです。

結局お金はかけたくないけれども、少なくともwindows10のサポート終了までは最低限ずっと使いたいという相反するような希望のもと、HP(ヒューレットパッカード)の5万円ほどのノートパソコンを用意できました。

愛用する予定のパソコン

上記の条件を満たしていてかつDVDドライブ内蔵で、同性能の国内メーカーものだと10万円は必ず超えるようですのでいい買い物ができたと満足しています(^^)

これでまたブログやオンライン英会話・映画リスニングトレーニングに本格的に励むことができます。

でもやはり時間的・経済的コストを考えるとそもそも既存のパソコンが壊れなかったらよかったなとは思います。

しかし、ものには寿命があり、人間にも寿命というものがあるからこそ人生の過ごし方が大事なのですよね。

やはり寿命は必要です。
話がややこしくなってしまい申し訳ございません。

私が愛用しているのはCDプレーヤーなのでパソコンとリスニングトレーニングはあまり関係ないのではと思われたかたもいらっしゃるかと思います。

確かにそうなのですが、映画を音声のみのファイルに変換したり、音声をとらえる際に音声だけでなく映像も同時に使うことが少なくとも映画においては時々あるのでやはりリスニングのみの観点から見てもノートパソコンは必須なのです。会話に必須なのは言うまでもありません。。

まあパソコンは英語学習手段に過ぎず直接は関係しないのであまり重要ではありません。

もう一つの報告です。

以前に、何らかの試験を受けることを決める予定ですとお話ししましたが、結論としていまだにまだ踏ん切りがついていません。TOEFLと通訳案内士の2つです。

これら2つの試験は目的や性質が全く異なるので、純粋な英語力を測るための試験としては前者を定期的に、合格して資格を得るための試験として後者をそれぞれ選べるのが一番いいのですが、この通訳案内士試験を受験するにあたり難点があるのです。

難点その1
地理・歴史・一般常識・通訳実務という「日本語での」試験も待ち受けている


今現在の私もまだまだ「純粋に英語脳を強化していきたい期間」にいるので、なかなか乗り気になれないです。

また、真に通訳案内業を志望するのであれば乗り越えるべき壁ではありますけれども、私の場合はボランティアとして(公務員は兼業はできません)楽しめれば十分だと思っていますし、結局毎回の通訳案内業務の前には現地のことを勉強する必要があるのでなんだか二度手間な気がします。

難点その2
2次試験が英検1級の2次試験と性質が似ておりもしこの対策を中心に据えるとトレーニング内容がその当時とかなり重複するという意味で単調になってしまう

私の場合は一昨年の後半から昨年の6月の合格までずっと英検の面接対策を中心に取り組んでいました。

そして今年はリスニング力を強化すべく「プラダを着た悪魔」という映画を使って「生まれて初めての自分の力のみでの映画まるごと1本消化」をしようと決めていました。

そんな中でこの2次試験の対策をするとなると両立ができなくなる可能性があり、双方向に(特に時間的な意味で)悪影響を及ぼすのではという心配もありますし、英検面接対策の時期に戻ったという感覚に陥ってしまうという懸念もあります。

難点3
受験地が・・・

これは本当に何を言っても仕方がないという難点です。

1次試験はかろうじて仙台で受験可能なのですが、残念ながら2次試験は東京まで行かなくてはなりません。試験代を1万円として1回の受験でトータル最低6万円はかかる計算です(T_T)

つまり10年に1回級の買い物である今回のパソコンと同程度以上の費用。

ここまで、大変失礼いたしました。今までのはただの言い訳に過ぎないことは明らかです。

不満や不平は(少なくともここでは)何も生み出しません。費用のことも歴史も地理も面接対策事情もその気になればそんなに難解な壁ではないことは明らかです。

結局逃げる理由を見つけようとしている自分がいるだけなのです。「じゃあなぜ持ち出したんだ?」と思いますよね。

申し訳ありませんただ正直な心境をみなさんに知っていただきたかっただけのことです。まだまだ精神的にも成長しなくてはならないです。

決心がつき次第また報告させていただきます。

みなさまの日々の清きクリック、毎回毎回感謝です。

今日もまた貴重な時間を割いてまでブログを訪問・閲覧していただき、まことにありがとうございました。

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com