始めますよ

みなさんこんにちは。

今日もわざわざ当ブログまでお越しいただき、まことにありがとうございます。感謝です(^^) 今日は最終兵器のお話です。

出来るだけたくさんの方に、たとえ小さくでも「始めて」いただくため、今まで複数の記事でどのように「始めて進める」かについての案をお話ししてきました。

「始めよう」⇒「始めましたか」の記事にて大体の案をお話しし、「それでも時間がどうしてもとれないんだよという方へ」の記事ではどうにかして30分でも確保すればそこから全ては始まるとお話ししました。

そしてその30分をどう使うかについての案もお話ししました。

最近のものなので不要かもしれませんが念のため記事リンクです。
https://eigo1981.blog.fc2.com/blog-entry-185.html

今日はそれでも始められないという方へ向けたお話です。
30分も確保できないのならあきらめなさい

なんては言いません。では15分とちょっとではどうですか?

例えば基礎英語1~3かラジオ英会話か英会話楽習は番組1本15分です。それを聞いてちょっとだけシンクロ読みでもリピーティングでもいいのでしてみる。これなら寝る前に少し気分転換がてら出来るのではないでしょうか。

そしてそれでも「だめだなかなかそれでも時間が取れないという方」へ
放送を聞かなくてもいいので会話の部分の英語を声を出して読んでみてはどうでしょうか。

「まだまだだめだ。始められないよという方」へ
最終兵器です。

私が実際に「始め」ます。
ラジオ英会話2018

もちろん自分自身の仕事や英語学習、家族の時間もありますので毎日行えるわけでは決してありませんが、どんなに最低でも週一のペース以上で自分自身で実際に本文に取り組んでみたいと思います。

その上で、「自分ならどうやって音読するか」についての記事を書きたいなと思っています。


文法事項についてはNHKテキストに十分載っていますし(文法がメインテーマの番組ですから当然です)、放送の音声と合わせて時間が取れたときにでもトレーニングすれば文法については補助は何もいらないはずです。

しかしそれでも私自身自分で触れたくなった文法ルールについてはお話しする予定です。フォレストの記事と同様です。

もちろん、文法で不明な点・疑問点があれば個別に問い合わせいただければ喜んで対応させていだきます。

文章については著作権関連の心配があるのですが、巷には「新・基本英文700選 」の書籍をもとに全文を解説したブログ・サイトも複数あることですし、会話の文章部分についてのみ掲載する限りは引用元をはっきり明示すれば大丈夫かなと踏んでいます。

著作権に詳しい方いらっしゃればアドバイスいただければ幸いです・・・

もちろん音読の仕方については私個人の見解ですから、何も問題はないはずです。


音読解説記事を参考にしていただいて、実際にどう読むかについてせめて知識としてでも分かれば、放送を聞く時間さえない人も数分さえ確保できれば音読の練習を積み重ねることができるはずです。

そして何よりも私自身のいい「英語の総復習」にもなります。文法的にも音読の方法という意味でも。そして、日常英会話の引き出しを増やすという意味でもです。みなさまのおかげでとてもよい機会をいただきました。本当にありがとうございます。

現時点ですでに始められた方へ

本当に、本当にありがとうございます。ブログを始めた甲斐があります。私の経験や知識が及ぶ限りはいつでもお手伝いさせていただきます。

今日・明日・これから始められる方へ

ありがとうございます。実は冒頭で書いたとおり、今日が最後の切り札でした。

その「始める」という行為が必ず、必ず、将来何らかの形で人生に好影響をもたらします。そして何度も言っていますが、将来どうのこうの話とは全くもって関係なく、「始めて継続」している行為そのものが既に人生をより豊かな、有意義なものにします。結果より過程が重要です。

毎回読みやすいとはお世辞にも言えない記事にも関わらず、今日も、そしていつもご多忙のところ、当ブログへの訪問・閲覧まことにありがとうございました。

今日もどうかみなさまの日々の清きクリック、よろしくお願いいたします。

繰返しになりますが、まことにありがとうございました。

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

板垣 直人

Re:
☆☆さん
本当にありがとうございます。

ここまで自分を育ててくれた日本社会へ還元・恩返しするために、
そして日本の英語教育を改善して英語難民を減らすために地道にやっていきます。

この環境を作り出している土壌も変えていかなくてはなりません。
住民の生涯学習を促進しなければいけないど真ん中の立場にいるはずの地方公務員ですら、英語学習にいいイメージをもたないどころか否定的になるという悲しいこの現実を少しずつでも(T_T)

語学というのはスポーツ(どこかの地点で身体的な物理的な限界にぶち当たる)の世界と違って、やった分だけ上達する、本当に正直な分野なんです。

どんなタイプの赤ちゃんが日本に生まれ落ちようと皆が日本語を吸収できるように、第二言語も才能なんて関係なく必要な分だけの時間を捧げれば必ず何とかなります。(もちろん母国語と同等まではいかなくても、第二言語としてです)

とにかく、本当に本当にありがとうございました(^^)
非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com