避けては通れないところ

みなさんこんにちは。

今日もお忙しい日々に関わらずはるばる当ブログまでお越しいただきまして、まことにありがとうございます。

前回、上から目線ではなく私の正直な事情をきちんとブログにてお伝えすることに意義があるとお話ししました。

今日はこれに関連して、よくある幻想を解きたいと思います。
その幻想とは「インターネット上のサイトやブログを運営されている方々の生活は恵まれているし華やかである」という幻想です。

ずっと前になりますが、芸能人やプロスポーツ選手はさておき、「何かしらのブログ・サイト」を運営している人は何か天井の上の人のように見えるが少なくとも全員に当てはまるわけではないしもちろん私にも当てはまらないということをお話ししたうえで、私自身の生活における事情を正直に公開したことがありました。

当時の記事でそのようにした目的は「みなさんと同じところにいることを示すことによってたくさんの方に始めていただく」でしたが、今日はその延長上の目的として2つです。

1.まやかしを解くことでうつを防ぐ

ここでいううつとは落ち込み、ささいな焼きもちその他マイナス系の感情全てを指します。

一般的に、インターネット(特にSNS)をやる時間が長ければ長いほど人はうつに陥りやすいという研究の結果が明らかになっています。

主な理由は、人は主に生活の明るい面だけ公開する傾向があるからだそうです。

これはしょうがないですよね。これは人間の性質上のことでもあるでしょうし、暗い話題よりは明るい話題を提供して他の人の気分も明るくしたいと思うのもわかります。

ただ、人間というものは、他人の生活の明るい面だけにあまり長い時間触れ続けているとどうしても「他の人の生活は自分のそれより恵まれている」という幻想に陥っていく傾向があるんだそうです。

これはインターネットを使っている限りは、定期的に上記のことを改めて認識する必要があるということを暗に意味します。

2.継続する(できる)人の人数を増やす

1の延長上でもありますが、これが今日の大きな目的です。
1番でお話ししたことはもちろん英語で活躍されている方々にも当てはまります。つまり、どんなに英語の力が優れていようと、生活が常には華やかなわけでもないということです。

もっと重要なことには、(拡大解釈にはなりますが)上記のことはどんなに英語が出来る方でも地道に地味な作業を繰り返していた時期が必ずあったということも示します。

母国語と同じ過程で習得した人を除いて、いきなり苦労もなく無敵の第二言語の力を手に入れた人はこの世にはいません。

これらのことがどうやって継続する人の人数を増やすことにつながるかといいますと、下記の通りです。

私の例を挙げますと、例えば昨日地味にディクテーションをしてました。
映画ディクテーテョン

元々字が汚いうえに、片手は一時停止ボタン専従となるため、とんでもなく汚くなってしまいはたから見ればまぬけな作業をしているように見えるかもしれません。

私は大丈夫なのですが、最近学習を開始した方やこれから学習を開始される方々が上記のような地味な作業の過程を経るうちに「なんでこんなことやってんだろ」と思い始めてしまう可能性があります。

この可能性を限りなくゼロにするために2のことをお話ししているんです。

以前も一度紹介しましたが、イチローの小学校の卒業文集の言葉を恩師のサイトから引用します。

「活躍できるようになるには、練習が必要です。
ぼくは、その練習にはじしんがあります。
ぼくは、3才~7才までは、半年位やっていましたが、
3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。
そんなに、練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。 」

引用元(恩師のブログ)
http://eigonotora.blog84.fc2.com/blog-entry-335.html

松井秀喜元プロ野球選手はボールが割れるまで練習してました。素振りで手が血で滲むこともあったそうです。

英語の世界で華々しく活躍されている方々も裏ではこれらのような地道な作業を大量にこなしてきたのです。この作業は過去だけのものではなく現在進行形でもあるでしょう。

みなさんにはこれらのことを常に念頭において、「なんでこんなことやってるんだろう」と思い込むことを未然に防いでほしいのです。

もちろん語学においては「日常の地道な作業から来る疲労・退屈感などのマイナス要素を、対象言語を楽しむことが出来る喜びや実際に対象言語をたしなむ幸せなどのプラス要素が遥かに上回る」ことは確実です。ここに証人がいるんでした。

いつものことですがわかりにくい構成になってしまい申し訳ございません。
最低限最後にお話ししたことだけでもこの先ずっと頭の片隅に置いておいていただければなと思います。

今日はここまでです。

今日もお忙しいところここまでお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

精進してまいります。

どうかみなさんの日々の清き応援クリック、本日もよろしくお願いいたします。

改めてありがとうございました。


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com