凡人でも

みなさんこんにちは。

今日もまたお忙しいところわざわざここまでたどり着いていただきまことにありがとうございます。感謝感謝です。

今日は日記を兼ねて私の凡人さについて改めて告白します。

目的は3つ。

1.私が凡人であり決して何かに恵まれた人間ではないことを改めて知ってもらう

2.1を示すことにより「語学においては特別な才能なんていらない」ことを再確認してもらう

3.感謝を示す

1.
以前、私がどのくらい変わった人間かを紹介することで私が決して優れている人間ではないことを紹介したことがありました。
https://eigo1981.blog.fc2.com/blog-entry-160.html

今回このことが改めて示されました。リンク記事では「仕事でしょっちゅうミスをやらかす」となっていますが、もうとんでもないです。

今回、顛末書級のことをやらかしてしまったのです。そして何と前回顛末書を書いたのがおよそ1年半前です。

2年以内に2通もの顛末書を書くはめになる職員はまずいません。まずは今回のことからしっかりとレッスンを吸収して次回がないように気を引き締めていかなければなりません。

2.
1のことは、語学においては仕事に対して決して優れている人間でなくても(もちろんその他の分野においても)、必要な時間とトレーニングを経ることさえ出来ればそれなりの境地にたどり着けることができる、真に平等・正直な分野だということを暗に意味しています。

普段みなさんが「自分には才能なんてないから無理だ」なんて思っていたらそれは大間違いだということ。

イチロー元選手・松井秀喜元選手が想像を絶する努力をしていたことには異論がありません。ただ、同時期に同程度の努力をしていた方が他にもいたはずです。

しかし、野球にうとい人にも認識されるほど有名になったのは同じ努力を積んだ方のうち全員ではありません。語学以外のある分野ではこのことが起こりうるのです。

しかし、語学においてはこれはまず起こりません。やればやるほど上達し必ず力はついていきます。そして楽しむことの出来る境地にたどり着くのです。

こんなに平等で正直な分野、手を出さない理由はありません。(^^)

3.

最後に忘れてはならない感謝を示します。いつも言っています。感謝は幸せの最も重要な構成要素の一つです。

Gratitude is one of the most indispensable ingredients of happiness.

今回被害に遭われたお客さん、お怒りの様子でしたが裁判沙汰まで持っていかずありがとうございました。

一緒に謝罪に同行してくださった課長、ありがとうございました。

顛末書をご覧になったみなさん、誰一人として怒鳴って怒ることはありませんでした。ありがとうございます。

また、いつもの感謝ですが、今日も本当にお忙しいところのご訪問・閲覧ともにまことにありがとうございました。

また明日からもどうかよろしくお願いいたします。

(^^)

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

コメント

非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com