今度こそ確実に英語をものにするために5

みなさんこんにちは。

今日もまたまた当ブログまではるばるお越しいただきまして本当にありがとうございます。

今度こそ確実に英語をものにするためにのシリーズで、前回は音読トレーニングの素材には何を選ぶべきかについてお話ししました。

今日はどう取り組むについてです。

まず「聞き取れる」とはどういうことかについて見ていきます。
本当にざっくばらんとみると、主に次の過程から構成されます。

1.音をキャッチする
2.その音がどんな単語・表現から構成されているか判断する
3.2の単語・表現個々の意味、そして最終的に2から出来上がった文章の意味を理解する

たとえば、「ゲラゥラヒァ」の様な音をキャッチしたとします。これが1です。

そしてその音をget out of hereと判断するのが2。

そしてその意味を理解するのが3なわけです。

日本人が一番苦労するのはもちろん1です。なぜならば私を含めて大半の「日本における英語教育を受けた人」はカタカナ英語で育ったからです。カタカナ英語と本物の英語は全く違うとは言えないとしても性質は根本的に異なります。(日本語ではほぼ全ての音に母音がくっつくというのも最大の要因の一つです)

また、運よくカタカナ英語に近い形で音が飛び込んできて、(例えば、「ゲラゥラヒァ」ではなく「ゲッタゥトゥヴヒァ」と聞こえてくる)運よくget out of hereと判断できたとしても、残念ながらこのようにカタカナ英語だけでキャッチできる情報は英語においては少数派にすぎません。

つまりカタカナ英語を卒業する必要があります。これが、私が一番に発音学習の開始をお勧めした理由でした。発音できる音はキャッチできるのですから。

この「発音できる音はキャッチできる」がみそです。

発音学習の際に練習するのが個別の子音・母音・単語レベルの発音であり、音読トレーニングの際に練習するのが連語レベル・文章レベルの発音です。

「発音できる文章はキャッチできる」が成り立ちます。

文章を上手に発音できるようにするトレーニングが音読トレーニングです。

この時点で、一つの結論にたどり着きます。「ネイティブを真似て音読する(ように心がける)」です。これが音読トレーニングにおいて目指すべきところです。「ネイティブのように英語を読める⇒ネイティブのように音をキャッチできる」の境地を目指します。

ただ、最初からお手本の音声を真似するというだけでももちろん効果はあるのですが、その前にワンクッション置くことでより音読トレーニングの効果をより高めることができます。

そのワンクッションとは「回答」⇒「答え合わせ」です。

例えば私の高校時代は有名どころでは全統模試・進研模試を受けていました。一度回答したあと、ただもう一度取り組むのと、間違った問題を重点的に解きなおすのとではどちらが効率がよいでしょうか。

もちろん後者です。音読トレーニングに当てはめてお話しすると、音読する前に自分が聞き取れないところがどこかを洗い出してから取り組む方が遥かに効率がいいです。

この理由から超有名な「ディクテーション」の有用性が導かれます。

このディクテーションですが、皆さんご存知のとおり一定時間の英語を聞いて一時停止して書き取り、後に答え合わせをするというのが主な作業です。

ここでの「一定時間」を短くしたり長くしたりして、負荷を調整することができます。また、始めに戻って聞き直せる回数に制限を設けることでも負荷を増やすことができます。

まあそれでも始めのうちはもうこれ以上は聞き取れる所がないというところまでやっていいと思います。やるべきです。

答え合わせをして、聞き取れかなかった箇所を赤字で書くなり分かる用にして、かつ不明な文法事項を洗い出し日本語訳も理解してから次のステップへ移行します。

それはシンクロ読みです。一般的に言う、オーバーラッピングです。

私はもう20年近くもカラオケには行ってませんが、みなさんはどうでしょうか。ある曲を歌いたいときにはいくらか練習をしますよね。

どのように練習しましたか。お手本の声と重なるように練習しませんでしたか。母国語である日本語の歌ですら一発で歌えるようにはなりませんでしたよね。でも必要な練習さえすればある程度ものになりました。(私の場合は高音が出ないという別問題もありますが涙)

このようなトレーニングを「英語の音読」で行うのです。お手本の声に重ねるようにして読むのです。母国語の歌ですら一発ではいかないのですから、そりゃ第二言語となればもっとそうです。

真似するべき要素は全てです。(これが恩師がシンクロ読みと名付けた理由です。シンクロナイズドスイミングから来てます)単語レベル・連語レベル・文章レベルもですし、イントネーションも全て真似できるように、重なるように練習します。

ここで完璧主義の罠にはまってはいけません。先ほど、「ネイティブを真似て音読する(ように心がける)」とお話しました。全ての要素において真に完璧に真似することが出来ないとしてもそうしようと繰り返していくうちに現実なレベルでの聞き取りが出来る地点にはたどり着きます。(少なくともその音読対象の英語についてはです)

こうしておおよそ重なるレベルに来たら、また次のステップが待っています。

それはなにか?

ここまでお付き合いいただきお疲れさまでした。今日はここまでです。

いつも出来るだけわかりやすくなるように心がけてはいますが、実際どうでしょうか。分かりにくいところはありませんか。もしあればいつでもお知らせください。

いつもの話になりますが、語学においてはやればやった分だけ必ず上達します。継続を開始するのは早ければ早いに越したことはありません。

今年もいつの間にかUターン地点を過ぎてしまっています。どうせ時は必ず過ぎ去るのであれば数年後に向けて「英語を話している未来」を築き上げてみませんか。今からでも十分間に合います。始めましょう。

お忙しいところのご訪問・閲覧ともにまことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めてありがとうございました。

(^^)


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

コメント

非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com