みなさんこんにちは。

今回もまた当ブログを訪問していただき、
まことにありがとうございます。

前回の続きです。

まずは有声音と無声音の違いから。

以前一度触れました。
有声音は声帯が震えて出る音、
無声音は声帯が震えないで出る音。

個人的な意見をざっくりばらんに言えば、
声を使うかどうかの違いだけです。

「p」からいきます。

日本語の「ぷ」みたいに唇を
閉じた状態から、唇を開けて
発音します。

日本語の「ぷ」から
母音の「う」をしっかり取り除いて、
「ぷ」の子音だけの部分、
つまり声を使わない破裂だけの
音「p」にしてください。

この音は空気の流れと唇の開くときに
生じる破裂が協力して出る音です。
声を使わず息だけで出る音なので
「無声音」です。

この音と口の動かし方は全く一緒で、
しかし声を使う音が「b」です。

この「p」と「b」が、無声音と有声音の
違いを簡単に実感できる音たちです。
両方とも日本語にある音ですしね。
(常に母音とくっついてますが)
(子音の強さはもちろん英語の方が
よっぽど日本語より強いです)

もう一つの注目は、以前触れたとおり、
日本語の母音「あ、い、う、え、お」とも
英語の母音ともくっつかずに独立
して存在しているということです。

前回の「l」や「r」は日本語にはない音
なので、独立どうのこうのには意識が
行きにくいですが、「p」や「b」は
日本語に存在してますので
(※念のためもう一度・・・
常に母音に依存していますが)
独立しているということが
分かりやすいと思います。

母音に頼らずに子音の存在を相手に
気付いてもらうには息の強さが
強いということです。
(今回の音の場合は破裂の強さも)

続きます。

みなさまの毎回のクリック、本当に
励みになります。
そして英語を使える人を増やす
原動力となります。
ありがとうございます。


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
にほんブログ村

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2012夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com

月別アーカイブ