ラジオ英会話50

みなさんこんにちは。

みなさん継続の芽は順調に成長しているでしょうか。

今日は本当にボリュームはありません。気軽に行きましょう。


このブログでは昨年は主に私が今までに何をしてきたかお伝えし、そして今年は英語を使える人の数(つまり現時点では始めてかつ継続する人の数と言えます)を増やそうという思いで日々更新しています。

よって、もう学習はされているかこれからするのが確定している方で、「どうしたら英語が使えるようになるか」に興味がある方は昨年の記事を中心にご覧ください。みなさん英語が話せたらいいなと心のどこかでは思っているはずです。

と言いながらも今年の記事にも少しずつ蓄積してきました。「今度こそ英語を~」のシリーズです。

では本題に入ります。

2018年度ラジオ英会話lesson50

①David could fix it.

②I'm planning a trip to London, so I'm checking out various websites.

③What are you doing?

④The bus was stopping.

⑤He is being selfish.


来ました。助動詞canのcould。

この際、助動詞の過去形が過去を表すという概念は完全に捨ててしまいましょう。

過去を表すというのは過去形の特徴の1つに過ぎません。過去形、特に助動詞の過去形は次のような役割があります。(私なりの個人的分類であって文法書における王道的な分類ではありません)

1.現在から距離を置く
この結果、過去を表す機能を果たします。

2.断定から距離を置く
例えば
He will study this evening.
は彼なら勉強する(に決まっている)という感じのかなり自信ありの表現になりますが、
He would study this evening.
になると自信が一気になくなる感じで、多分といった意味合いがprobablyなしで含まれます。

3.相手との距離を置く
Can you ~よりもCould you ~の方が丁寧な依頼文であるということはみなさんご存知なはずです。

これは過去形が相手との距離に見合った表現にしてくれるからです。または直接的依頼から遠ざかって間接的(より丁寧)な依頼を表すとも考えられます。

4.現実から距離を置く
高校英語で、現実に起こっていないことをifで表すときには過去形を使うと習いました。これは現実から距離を置くためです。

I would be blissful if I could make a living by doing what I love doing.(好きなことをして生計を立てられたら本当に幸せだろう)

willではなくwould、canではなくcouldを用いています。また、wishも同様の考え方です。
I wish I were a bird.(鳥だったらいいのになぁ)

本文に戻りまして、
David could fix it.
ここでのcouldは断定から距離を置く機能を果たしていると考えられます。または現実から距離をおいて(その気になれば)という意味合いを持たせていると捉えることもできます。


I'm planning a trip to London,
ここでのto Londonは名詞tripを後ろから修飾している、いわゆる前置詞句かつ形容詞句です。たとえばA of Bのof Bと同じ役割を果たしています。何も難しくはありません。

so I'm checking out various websites.
ここは現在進行形の中で一番有名な用法(今~している)なので大丈夫でしょう。


What are you doing?
これも問題ないでしょう♪


The bus was stopping.
ここでの進行形は「~しかけている」です。進行形というのは動きを感じさせる表現です。その動作に向かって近づいていると捉えて、~しかけているという意味になることもあります。

A is dying.(Aは死にかけている)
B is running out of time.(Bの時間が尽きかけている)


He is being selfish.
be動詞の進行形が来ました。

以前の記事で少し冗長にお話ししてしまいましたが、結局は「いつになく」という感じで今現在の様子に動きが感じられればそれでbe動詞の進行形は事足ります。

※もちろん受動態の進行形はこれとは意味合いが違います。受動態の進行形は普通の動詞の進行形と同じように考えます

さあここまでお疲れさまでした。

今日は本当に少ししかありませんでした。継続が癖(いい意味でです)になっている方はそろそろ分量も癖がついてきていると思います。

例えば今日くらいの量だと全然足りないとかです。これはかなり将来が保証されている兆候です。どうか継続のチェーンをとぎらせる事のないようにしてください。

今日もお忙しいところのご訪問・閲覧ともにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて本当にありがとうございました。

(^^)

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<




大変遅くなりました。本日9月18日私自身の音読ファイルをアップします。

Lesson50.mp3

少しずつでもいいです。みなさんもどうか継続の芽を絶やさないようにしてください。

ありがとうございました。

(^^)


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

コメント

非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com