今度こそ確実に英語をものにするために13

みなさんこんにちは。

今日もご多忙のところわざわざ足を運んでいただき、まことにありがとうございます。

前回は「どう読むか」の第1弾でした。今日は第2弾です。

第1弾では主に語順の違い(の克服)についてお話しましたが、第2弾はスピードについてです。スピードをどう高めていくか。

どんなに英語の語順で頭から意味を取れるようになってもそれがゆっくり過ぎれば、やはり英語を聞き取ることはできません。相手の話すスピードで意味が取れなければ聞き取れるわけはないのです。

TOEICを受けたことがある方はご存知だと思います。TOEICでは試験時間の割に大量の英語を与えられます。

特にリーディングセクションは実感がわくと思います。

だってリスニングセクションならナレーターのペースについていく形で解いていきますがリーディングセクションでは個々のペースで読み進め、そしておそらくですが半分より多くの方が最後まで実質的にはたどり着いていないのが現状だからです。

実はこの、「大量」は大量ではありません。「通常の量」です。英語を楽しむために最低限必要とされるスピードで処理できる量の英語です。

この点でTOEICは実用的です。語彙等いくらか学習者向けに調節はされてます(これを批判している方もいます)が、スピードはおよそWPM150ほどに設定されていて、現実的なものとなっています。

※WPMとはwords per minuteのことで1分間に処理する単語の数を意味します

では具体的にはどうやってスピードを上げていけばいいのか。

前回お話しした、返り読みを防ぐための方法をそのまま使うことができます。指でなぞりながら読んだりしおりで読み終わったところを隠しながら読んだりするという方法です。そしてなおかつ指やしおりを速く動かすようにするのです。

ストップウォッチを使うというのもとてもいい方法です。人間は何にも制約がなければ自分にとって都合のいい、快適なスピードでよんでしまう生き物です。これは仕方がありません。

しかし幸いなことに、なぜかストップウォッチを使うとこれが精神的に焦るのを手伝ってくれます笑(少なくとも個人的にはかなり有効です)

ここからも大事なことをお話しします。

初めて出会う英語をまず一度出来るだけ速さかつ正確に読みます。この段階では速さと正確性がトレードオフの関係になります。仕方がないことです。

しかしリーディングにおいて朗報なことには同じ英語を2回目に読もうとそれもインプットトレーニングの立派な過程に含まれるのです。2回目以降はもちろん使われている単語も文法も意味もある程度慣れているでしょうから、1回目より高速で読めるでしょうし、かつ正確にも読めるはずです。

完全に慣れてしまうとインプットトレーニングの効果がゼロに近くなってしまいますが、少なくとも最初の複数回はこうすることによってリーディング力の土台を築き上げていくことができます。

この「同じものを複数回読むかつ2回目以降はより速くより正確に」ということですが、私の場合恩師からTOEICの指導を直接仰ぐまではとてもではないですが思いつくことはありませんでした。

2回読むということはあっても、前回よりどうのこうのという意識はありませんでしたし、タイムもきちんと計っていませんでした。

TOEIC向けプログラムで初めて上記の概念に出会ったのです。

具体的にはリーディングセクションを最低1日1回最初から最後まで全部読み、その時間も記録するというものでした。やっぱり回数が重なるにつれて速く、正確に読むことができるようになって楽しかったですし、その上達を知る過程もなんともいえない喜びでした。

この方法をTOEIC教材だけではなく、みなさんのリーディング素材にも適用するのです。

以前、精聴と多聴についてお話したことがあります。そして今日は「リーディングにおいても精読と多読が存在する」ということをここで申し上げます。

今日お話ししている内容は多読ならぬどちらかというと精読に近いトレーニングということができます。

これが何を意味するのかといいますと上記で紹介したリーディング以外に、やはり時々は多読(つまり新しいものにどんどん手を付けていく方法)も並行して行う方が効率はいいということです。

※次々と新しいものに手をつける過程でも出来るだけ速く正確にのスタンスは忘れないでください

精聴と多聴の関係と、精読と多読の関係は必ずしも全く同じとは言えないとしても多くの共通点があるはずで、「両方とも必須」ということには学者の間は異論はなさそうです。

さあ今日はここまでです。今日はどう読むかについての第2弾でした。

ここまでで何か疑問がある方、質問いただければいつでも対応させていただきます。

今日もお忙しいところわざわざのご訪問・閲覧ともに本当にありがとうございました。

みなさまの日々の清きクリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めてありがとうございました !(^^)!


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

コメント

非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com