みなさん、またまた
今日も当ブログを訪問していただきまして、
まことにありがとうございます。

前回の続きです。

前回は「t」と「d」の
有声音・無声音ペアを
解説しました。

今回は「k」と「g」のペアを
見ていきます。

私の書籍では「下の後ろを持ち上げて
上あごの奥につけて、舌を急に離すと
同時に「クッ」と息を出す」
とあります。

個人的に分かりやすい説明だと思うのは
「日本語の「か、き、く、け、こ」から
母音を取り除く」です。

幸い、日本語に、単独ではないにしろ
「k」が存在しているので、舌の後ろ
どうのこうのより「クッ」のような、
完全に子音だけの母音が取り除かれた
音を意識するのが近道です。

日本語が英語から最も離れた言語の
一つではありますが、その私たちの
母国語が役立つこともあるのです。

母音を取り除くとはどんなものなのか、
要領がわかってきたところで、
もう一つ行っちゃいましょう。

「m」です。

書籍では「唇をしっかり閉じて鼻から
「む」と言う」とあります。

実はこれ、日本語の「ま、み、む、め、も」
の子音にあたる音です。
(個人的にはそう思ってます)

「ま、み、む、め、も」発音してみてください。
必ず最初に唇を閉じてますね。

では母音を取り除いて、先ほどの
解説のように発音してみてください。
立派な「m」になります。

個人的意見
今でも時々、母音をくっつけてしまいます。
それほど、母国語のなまりを取るのは
難しいです。

「m」のように鼻から息を出して発音する
音を鼻音と呼びます。

次回は鼻音の続きからです。

いつも、みなさんのきよきクリック、
本当にありがとうございます。


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
にほんブログ村

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2012夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com

月別アーカイブ