みなさんこんにちは。

今日もまた当ブログをご訪問いただき、
まことにありがとうございます。

続きです。

今回は無声音「θ」と
有声音「ð」のペアから。

この二つの音は、「日本における
英語教育」を受けた方にとっては
最も強く記憶が残ってるのでは
ないでしょうか。

発音方法はおなじみの
「舌の先を上下の歯で軽くかみ
舌と歯のすき間から「ス」と
発音する」でももちろん
よいのですが、

舌先と上の歯が接してさえいれば、
下の歯は全く関係ありません。

舌が上の歯のどの辺に接するかに
ついては人によって大きく違います。

ネイティブの中でも、舌先が見える
方もいれば舌先がほとんど歯の裏に
隠れて見えない方もいらっしゃいます。

とにかく、舌と上の歯が接していれば
あとは強い息で「ス」みたいな音を
出すだけです。

注意しなければいけないことは、
この音の性質上、とてもボリュームが
小さくなりがちなので、ほかの子音より
さらに大量のかつ強烈な息を
使わなければならないということです。

個人的経験を言いますと、
いまだに意識的に呼吸量を
増すように気を付けないと、
母音に頼って発音してしまいます。

まだまだこれからも何年も
「こつこつ」トレーニングを
積まなければなりません。

この音を練習すればするほど、
コンビニの「サンクス」の発音
について迷うようになります笑

続きます。

少なくとも今のところはまだ、
少しでも多くの方にブログを訪れて
いただくため、毎日更新することを
最優先にしてます。

みなさまの応援、ありがとうございます。


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
にほんブログ村

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com

月別アーカイブ