ラジオ英会話122

みなさんこんにちは。

お久しぶりになりました申し訳ございません。

では本題に入ります。

2018年度ラジオ英会話lesson122

①Bob, I want to become fluent in English.

②But you're already pretty fluent in English.

③No, no, no.
I make lots of mistakes.

④But listen, Nana.
We can learn a lot from our mistakes.

⑤OK, but I still want to become even better at speaking.
Any advice?

⑥Well, spend at least an hour just speaking in English every day.
Don't use any Japanese.
And I recommend listening to English radio programs and news.

⑦English radio programs?

⑧Yes.
Actually, I also need to listen to more of them.
My English isn't so good these days.



Bob, I want to become fluent in English.
Bobのoは口を大きく開ける母音です。「ア」と「オ」両方になりうる感じです。want toは通常読み(tの破裂を1回にまとめるタイプ)でもいいですし、wanna読みでもどちらでも大丈夫です。

becomeのmに母音は入りません。2音節と3音節では雲泥の差が生まれてしまいます。fluentのnはもちろん舌は所定の位置です。語尾のtは破裂させたとしてもごく弱めです。どちらにしても次のinとくっつき、そのinと次のEnglishも連結です。Englishのshには要注意です。母音はありませんので日本語の「シュ」につられないようにしましょう。


But you're already pretty fluent in English.
butのtは破裂準備でもいいですし、tとyouの連結でもいいです。fluent in Englishの部分は①と同じです。


No, no, no.
オゥ母音が3回続きます。油断せずに「ゥ」を入れます。

I make lots of mistakes.
lots ofは常に一体化します。lots ofの場合はfの音が消失する場面に今のところ出会ったことがありません。


But listen, Nana.
ここでのbutのtは常に破裂なしです。listenはLとnのいい練習台になります。

We can learn a lot from our mistakes.
canのaはcan'tのそれと比べると弱い母音なのでcの音が相対的に強くなります。ここでもnは抜かりなく舌は所定の位置です。learn aは一体化し、lotのtは破裂させたとしても弱めです。from ourもまた一体化です。


OK, but I still want to
OKはオゥ母音⇒エィ母音と続きます。小さい文字の方の音も相手にわかるように入れてあげましょう。but Iはtがl, d音化してIと合体します。「バラィ」。stillのlには母音が入らないように気を付けます。want toは通常読みでもwanna読みでもOKです。

become even better at speaking.
become evenはくっつく勢いです。evenの締めくくりのnではもちろん舌は所定の位置です。betterのtはd, l音化が一般的です。atのtは破裂させたとしてもごく弱めです。今日も来ましたingです。どんな単語につこうとも常にiŋの音です。

Any advice?
adviceのvをしっかりbと区別するということと、ceに母音は入らないということに注意です。


Well, spend at least
wellのlもやはり舌の力を解放して母音に頼らないようにします。spendのnで舌は所定の位置で、dは破裂ありなしどちらでも大丈夫です。破裂ありの場合はatとくっつきます。atのtは破裂なしが読みやすいです。

an hour just speaking in English every day.
an hourは常にくっつきます。justのtはほぼ常に破裂準備のみ。また来ましたing。iŋであって「イング」ではありません。in Englishはまずくっつかないことがありません。

Don't use any Japanese.
don'tはオゥ母音で直後にnで舌を所定の位置に移動させ、tを破裂させるとすればその所定の位置へ行った舌をそのまま破裂に使います。この場合のtは破裂準備のみでもいいですし消失でもいいです。Japaneseのjは「ジ」よりも「ヂ」よりの音でした。

And I recommend
andはほとんどの場合ənかnのみの発音になりますが、強く読まれるときはaがエァ母音になります。anとIがくっつきます。recommendのnで所定の位置へ行った舌をそのままのdの破裂に用います。dは弱めです。

listening to English radio programs and news.
またきましたing。今日はここからは省略します。radioは出だしのエィ母音だけでなくoのオゥ母音にも注意です。programのoもオゥ母音です。


English radio programs?
Englishのsh、日本語につられないようにします。radioとprogramは⑥と同じです。


Yes.
日本語の「イ」と区別して発音しましょう。

Actually, I also need to listen to more of them.
actuallyは大きなエァ母音でスタートです。恥ずかしがらずにいきましょう。alsoはオゥ母音を忘れずに。need toはもちろんdとtの破裂を兼ねます。listenのnで所定の位置へ行った舌をそのままtの破裂に使います。

My English isn't so good these days.
Englishはshに注意でした。isn'tのtはほぼ常に破裂準備のみ。soはオゥ母音に気を付けてgoodのdは破裂させたとしてもごく弱めにです。


ここまでいったんお疲れさまでした。ここから少しですが文法事項についてお話しします。



Bob, I want to become fluent in English.
want toはwantの目的語になっていてto不定詞が名詞として使われています。といってもこれはあまりに使用頻度が高すぎてそんなこととっくに忘れていたという方もいると思います。自由に使える限りはそれで構いません。

fluentにinを使うのは音読でそのまま吸収してしまいましょう。


But you're already pretty fluent in English.
日本語で「プリティ」というとかわいいという感じの意味しかないですが、英語ではこのほかに強調の副詞の意味もあります。pretty goodの表現が定番です。


No, no, no.
I make lots of mistakes.
以前に、a lot ofだけでは単調になってしまうときはお使いくださいと紹介したlots of。くだけだ感じを与える表現です。
tons of
a large number of
a bunch of
などなどインプットレベルでは全部おさえておいてください。


But listen, Nana.
今回はlistenが使われていますが、英語では「聞いて」という意味で注意を引くときにはlookもよく使われます。

We can learn a lot from our mistakes.
このa lotの用法、初心者のうちはなかなか出てこないはずです。似た用法としてenoughやlittleも名詞として使うことができます。これらは非常に便利です。

Enough is being done to stop cyberbullying.
The government's current policy has done little to help ease tensions between the two countries.


OK, but I still want to become even better at speaking.
形容詞の状態になるという意味で使える動詞の中で最も一般的です。getは比較的短期的なものを表します。growは時間をかけた変化、turnは色の変化に用いられます。

Any advice?
anyは「どんな~でもいいから」という意味を含みます。とりあえずなにかアドバイスをほしいという気持ちが感じ取れます。


Well, spend at least an hour just speaking in English every day.
「spend 時間 ~ing」で時間を~するのに使うという意味になります。前置詞を入れるとすれば前置詞の目的語が動名詞ならinかon、名詞ならonが一般的です。

Don't use any Japanese.
not anyで完全否定を表すのでした。
=Use no Japanese.

And I recommend listening to English radio programs and news.
recommendは動名詞のほか、that節も目的語にとれます。that内はshouldを使ってもよし、原形を使ってもよしです。

I recommend that you (should) listent to~.


English radio programs?
これはただ相手の言ったことを繰り返して確認しているだけです。日本語と同じです。


Yes.
Actually, I also need to listen to more of them.
actuallyは「いや実はね・・・」というニュアンスの中で一番カジュアルな所に位置する表現です。仲間はたくさんありました。
in truth
in reality
in fact
in actuality


My English isn't so good these days.
notとsoが併用されて部分否定を作っています。部分否定ではなく強い否定にしたいときはsoとnotを入れ替えてnotが後に来るようにすれば「notは原則として後続を修飾する」のルールを利用すればいいです。

ただ、so notという順番にはなぜか出会ったことがありません。しかしたとえば
A is simply not good.
という風にできます。

completely notという順番もなぜかないみたいです。今回も私にとってもいい勉強になりました。

さあここまで改めてお疲れさまでした。

また、「英語が楽しめる」に向けて一つ積み重なりました。着実に歩んでいきましょう。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて、大変ありがとうございました。

※クリックについてですが、1つめのリンク以外が別のタブで開いてくれますので始めに2・3・4番目のをクリックいただいてから最後に1つめのをしていただくとスムーズにいきます

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com