ラジオ英会話124

みなさんこんにちは。

今日もわざわざここを尋ねていただきまして本当にありがとうございます。感謝感謝。

いつもしつこいと思われるかもしれませんが、感謝なくして有意義な人生は成り立ちません。

では本題に入ります。

2018年度ラジオ英会話lesson124

①We're going to the picnic next Monday, right?
I can't wait!

②Yeah... I'm really looking forward to it.

③It doesn't sound like it.
What's wrong?

④To tell you the truth,
I might not be able to go because I have a problem with my car.

⑤I see.
So do you need someone to give you a ride?

⑥Er... That's right.

⑦Well, don't worry.
Let's go together.
I'll pick you up around 11:30, OK?

⑧Are you sure?
I don't want to trouble you.

⑨No problem at all.
What are friends for?



We're going to the picnic next Monday, right?
We'reは小さく口を開けた母音で「ワー」と軽く言うだけで英語らしくなります。going toはgonna読みでも通常読みでも読みでも大丈夫です。nextのtは破裂させたとしてもごく弱めで、Mondayのnではもちろん舌は所定の位置です。その舌をそのままdの破裂に用います。

I can't wait!
canと違いcan'tの場合はエァ母音が相当強くなります。tは破裂準備のみ。waitのtは破裂させたとしても弱くです。


Yeah... I'm really looking forward to it.
I'mは高速英語では「ァム」のようになることがあります。が、ノンネイティブとしては聞き取る際(インプットの過程)に困らなければ自分で発するときは通常読みで十分だと思います。

今日も来ましたing。いかなるときも「イング」ではなくiŋの音です。forward toではdの破裂準備をそのままtの破裂に使います。itのtは破裂させたとしても弱めです。


It doesn't sound like it.
It doesn'tもforward toと同じで、dの破裂準備をそのままtの破裂に使いましょう。語尾のtは破裂なし。soundのnで所定の位置へ行った舌をそのままdの破裂に用います。like itは一体化します。最後のtは破裂ありでも弱めです。

What's wrong?
ongもingと同じ原理です。「オング」ではなく、ɔŋです。


To tell you the truth,
tellのlに母音が入らないように気を付けます。独立子音全般にもいえますがlは特に日本人には発音しにくいですよね。truthのthも強力な息を使って母音がくっつかないように注意です。

I might not be able to go because I have a problem with my car.
mightのtは破裂なしです。notのtもなしがベターです。goのオゥ母音には注意しましょう。気を抜けばすぐおろそかになってしまう箇所です。have aは合体し、problemのoは口を大きく開けます。


I see.
seeのsは日本語の3倍くらい強力に発します。

So do you need someone to give you a ride?
soのsはやはり日本語より数倍強くで、オゥ母音にも注意です。


Er... That's right.
Erですが、発音記号がəːですのであいまい母音で伸ばすということになります。thatはエァ母音とthの濁る方の音ðを強く組み合わせるとかっこよくなります。rightのtは破裂させたとしても弱めです。


Well, don't worry.
wellのlは舌の力を活用して母音に入り込む隙を与えないようにします。don'tはオゥ母音の直後にnで舌は所定の位置へ行き、その舌をそのままtの破裂準備に持っていきますが破裂はなしです。worryの母音はあいまい母音シュワの伸ばす音です。日本語に惑わされないように。

Let's go together.
Letのlは必ずRとの違いを意識しながらです。goはオゥ母音に注意。

I'll pick you up around 11:30, OK?
I'llのlもやはり子音のみになるようにします。pick youは重なるイメージです。up aroundは必ず一体化し、nで所定の位置へ行った舌をそのままdの破裂に用います。破裂準備のみも選択肢です。


Are you sure?
sureの母音は「ゥア」のほか、あいまい母音がのびた音のみで発音するのもポピュラーです。

I don't want to trouble you.
don'tはオゥ母音にnが続きます。tは破裂準備のみ。時には脱落することもあります。want toは通常読みでもwanna読みでも大丈夫です。通常読みの場合はtの破裂は一つで済ませます。


No problem at all.
noはオゥ母音に注意です。しつこいと思われるかもしれませんがしばらくの間は意識なしではすぐに「ノー」に戻ってしまいがちな日本人です。problemのoは大きく口をあけるタイプの母音です。

What are friends for?
whatのtはd音化でもいいですし脱落でもいいです。friendsのnではもちろん舌は所定の位置です。dsは厳密には「ズ」ではなく「ヅ」よりの音です。


ここまでいったんお疲れさまでした。ここから少しですが文法事項についてお話しします。



We're going to the picnic next Monday, right?
ここでのgoing toはwillとよく比較されるgoing toではなくgo toが進行形になって未来を表しているgoing toです。前者のgoing toも具体的に予定として決まっているときに用いられますが、現在進行形はそれよりさらに具体的にことが運んでいる状態を表します。rightはカジュアルな付加疑問として自動化しておきましょう。

I can't wait!
これは日本語でもそのままですね。


Yeah... I'm really looking forward to it.
look forward toは中学英語から出てくる超重要表現です。母国語並にしておく必要があります。


It doesn't sound like it.
これは文章ごと覚えておく価値があります。日本語でよく「そんな風には聞こえないなぁ」と言いますよね。それです。

What's wrong?
悪いことについての「どうしたの?」です。これもやはり母国語並にしておきましょう。


To tell you the truth,
よく使われる形はto tell the truthです。これの仲間は今まで何度も紹介してきました。
in fact
in truth
actually
in reality
as a matter of factなどなど
インプットレベルでは全部、アウトプットではせめて2つを自由に使いこなせるようにしておけば大丈夫です。

I might not be able to go because I have a problem with my car.
mayもmightも「かもしれない」ですが、私のイメージはmayが50%、mightが20~30%です。数字は別にしても過去形の方が確率が低いということだけはしっかり覚えておかなければなりません。


I see.
「なるほど」「わかった」のI seeです。

So do you need someone to give you a ride?
文頭のand, but, soは書き英語や堅い英語ではNGです。減点対象です。が、口語では普通です。試験の時に気を付ければ普段は気軽に使っても大丈夫です。

「need someone to ~」の形は必須です。「need someone who ~」といずれかは必ずアウトプットレベルで使えるようにしておかなければなりません。


Er... That's right.
これはスキップ♪


Well, don't worry.
don't worryは日本語化してますね。これは日本語のイメージのままでOKです。

Let's go together.
shall we?は相手に断る権利があるイメージで、let'sは断らせないよというイメージです。学校英語ではイコールだとならいましたが実際には違います。

I'll pick you up around 11:30, OK?
pick upは動作の対象が人のときのほか、もののときにも使うことができます。


Are you sure?
ニュアンスは違いますがare you serious?やseriously?も仲間としてチェックしておきましょう。

I don't want to trouble you.
相手に迷惑をかけるという表現で使える動詞はtroubleのほかに
bother
inconvenience
cause 人 trouble
などがあります。ニュアンスは違いますが
interrupt, disturbも武器にしておけば幅が広がります。


No problem at all.
私の手持ちの武器ではnoを強調するときはabsolutely noのみしかなかったのですが、今回勉強になりました。仕入れておきます笑

What are friends for?
このforは目的ですね。「何のために友達はいるのさ?」です。

「目的のfor」の例
What can you use this for?「これは何に使えるの?」

さあいつの間にか今日もまた一つ積み重なりました。

普段は地味な取り組みですが繰り返していくうちに必ず、必ず大きな違いとなって人生に何かをもたらしてくれます。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めてありがとうございました。




※クリックについてですが、1つめのリンク以外が別のタブで開いてくれますので始めに2・3・4番目のをクリックいただいてから最後に1つめのをしていただくとスムーズにいきます

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

大変遅れました。
本日5月9日、私自身の音読ファイルをアップロードします。
Lesson124.mp3


「こんな程度でもいいの?」という感じで自信をつけてください。
完ぺき主義に陥らずノンネイティブとして目指せるところを目指しましょう。

(^^♪

※クリックについてですが、1つめのリンク以外が別のタブで開いてくれますので始めに2・3・4番目のをクリックいただいてから最後に1つめのをしていただくとスムーズにいきます

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com