今度こそ絶対確実に英語を習得するために7

みなさんこんにちは。

今日もまたわざわざここまで足を運んでいただきまして本当にありがとうございます。

今日は音読を始めるための下準備その2についてです。

2.リピーティング⇒答え合わせ
これもディクテーションと同じように伝統的な英語学習方法として確立されています。リピーティングのほか、リプロダクションと呼ばれることもあります。

前回もお話ししましたが「ネイティブスピーカーが話しているもの」「継続できる」という条件さえ満たしていればどのような内容の英語を使うのかは問いません。

対象を決めて用意したら、ディクテーションと同じようにある程度の長さを再生します。ここまではディクテーションと同じです。

ここからが違います。リピーティングでは紙に書き取るのではなくて自分で聞こえた英語を声に出して再生するのです。

同じ文章を繰り返せればいいとそれでOKというわけではなく、可能な限り発音・イントネーションも聞こえたとおり再現する必要があります。

聞き取れない箇所は再生しようがありませんね。この過程で自分の聞き取れない所を明らかにしていきます。

ディクテーションと違うところは紙に残すか残さないというところです。

このことから、リピーティングでは果たして答え合わせの時まで自分の聞き取れなかったところを覚えていられるかという課題が浮かび上がります。

これはディクテーションよりも答え合わせに行く前に取り組む英文の量を減らすことによって解決にできます。

総量を減らすのではなくこつこつと答え合わせをしようということです。

さあここまででディクテーションとリピーティングが出てきました。もちろんそれぞれの良いところ悪いところはあります。

どちらか一方でも、両方ともでも大丈夫です。これらによって音読の下準備をしましょう。(リピーディングは声を出すので広義の音読には入りますが私のいう音読は次回お話しするトレーニングを指します)

前回お話しし忘れましたが、ディクテーションやリピーティングの段階で可能な限り文法ルールや訳を明らかにするようにしてください。

音の読解ではなく文字の読解は大学受験時に嫌と言うほどやったという方も例外ではありません。

後日明らかになりますが、どんな難しい文章を読めたとしても頭からある程度のスピードで処理できなければその読解力は実践の場では何の役にも立ちません。

ディクテーションやリピーティングの文法ルールや訳の確認は、必要な読解力を鍛えるためのスタートの一歩となりえる一つのトレーニングです。

さあ音読の下準備をしましょう♪

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて、本当にありがとうございました。これからも引き続きよろしくお願いいたします。

☆彡


※クリックについてですが、1つめのリンク以外が別のタブで開いてくれますので始めに2・3・4番目のをクリックいただいてから最後に1つめのをしていただくとスムーズにいきます

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

コメント

非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com