どのような英語を読むべき?4

みなさんこんにちは。

今日もまたいらっしゃいまして、
まことにありがとうございます。

今回で、「どんな英語を読むべき、
読んだらいい?」についてのシリーズを
いったん終了します。

もうある程度読む力はある。
または、力はなくとも早く
本物の英語をもっと読みたいという方へ。

本物のということは手加減なしの、容赦ない
ネイティブ向けということです。
(relentless, merciless, ruthless,unforgiving
どれか一つはアウトプット用にどうぞ♪)
※厳密には完全なイコールではありません

私は当時TOEIC800を超えたあたりで
恩師からいただいた情報ですが、
候補の1つはライフハッカー(life hacker)です。

http://www.lifehacker.jp/2015/03/150319long_term.html

このリンク先の下の方に「原文」という箇所があるので
クリックすると日本語に翻訳される前の、本物の、
容赦ない英文(原文)を、日本語を参照しながら
読むことができます。(分からないところだけ
参照するようにしましょう)

このサイトを使えば、分からないところは日本語訳を
参照しながらも、本物の英語を読んで楽しむ(悲しむ)
ことができます。

個人的にはこのサイトの、少なくとも
数百の記事は楽しみました。
いろんな記事があるので、これも
「興味のある内容、面白い内容を選ぶ」
という条件を満たすことができます。

もう一つの候補は「TED talks」です。

https://www.ted.com/talks?sort=popular&language=en


私は主にリスニングのトレーニングに使っていましたが、
様々なトークについて、スクリプトが多言語で用意されて
いるので、立派なリーディングトレーニングの素材にも
なります。

最後にもう一つ、日本語訳も参照出来て、かつ背景知識も
利用できるものをご紹介いたします。

それは各日本の新聞の社説です。

毎日新聞
https://mainichi.jp/english/editorial/

朝日新聞
http://www.asahi.com/ajw/opinion/editorial/

読売新聞
https://the-japan-news.com/news/editorial

もちろんニュース記事でもよいのですが、
社説は一定量でまとまっていますし、
世の中の大きな動きを知ることができますので
個人的にはおすすめです。

ただし、英文構造が英検1級並になっているので、
(個人的見解です)他のネイティブ向けと同様に、
なかなか慣れるまで時間はかかります。

これらの社説に慣れてしまえば、日本語訳の
ない(と思ってます)Japan Times社説に
挑戦してみるのもいいでしょう。

https://www.japantimes.co.jp/opinion/editorials/

続きます。

みなさまの応援どうか、
期待しております(^^♪

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com