英語以外の学習の報告

みなさんこんにちは。

今日もまたはるばるここまで足を運んでいただき本当にありがとうございます。感謝感謝です。

日々の学習は順調ですか。コツコツでもいいです。歩みを止めないでください。

今日は私の英語以外の学習についての報告です。
20210917134103.jpg

職場から声がかかり、危険物の試験を受けることになったというのは以前報告しました。

ずっと先送りを続けていましたが(T_T)、試験が近づいてきたのでついに1,2週間前に学習を開始しました。

どうやったのかといいますと、インプット(覚えなければいけない内容が載っているページを読む)ではなく最初からアウトプットから始めました。

英語のアウトプットとは違って、ここでは問題を解くことをアウトプットとします。

実はこれ、私が行政書士試験の勉強をしているときに学習方法を少し調べた後にたどり着いた勉強方法です。

当時はTLTソフトというのをメインで使っていたので実践はしませんでしたが、問題を解くことから始めるというのは本当に効果的です。

問題を解くことから始めると聞いて何か思い出しませんか。

そうです。私がこのブログで英語の文法の学習で提案した方法です。

分厚い参考書をただ読むのは退屈だし時間がかかるし挫折率も高いですが、問題集であれば退屈する確率は減り、参考書よりは薄いので要点だけしっかり勉強して何周もしやすいうのが理由でした。

これと全く同じとは言えないにしても似たようなことをしているわけです。

問題を解きながら回答を確認する過程で少しずつ、少しずつ合格に必要な知識が身に付いていきます。

実際、今3周目ですが結構知識が固まってきました。自分で言うのも失礼ですが、現時点で「合格レベル」には届いていると思います。

が、これは決してうぬぼれではありません。

合格に必要な点数は6割なのですが、この6割を獲得するのと出来るだけ高い点数を狙うの間には本当に雲泥の差があります。

今回私は職場に費用を負担してもらっていることもありますし、世の中のいい勉強になりますし、「合格できればいいや」ではなく「可能な限り高い点数をとって合格する」とうスタンスで臨んでいます。

6割は越えたかもしれませんが、7割あたりをさまよっているあたりでしょうか。

英語学習と家族時間と運動に近いくらいの優先度で学習に励み、職場への恩返しのつもりでいい結果を持ち帰りたいと思います。

報告はここで終わります。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにまことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて本当にありがとうございました。

(^◇^)


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<


Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com