ボキャビル

みなさんこんにちは。

当ブログを訪問していただき、
本当にありがとうございます。感謝です。

前回までで、音読トレーニングと
大量リーディングについてのお話をおおかた終えました。

今回から、その他のインプット系のトレーニングについて
お話しします。

皆さん、「ボキャビル」についてどのような考えをお持ち
でしょうか。たくさんの英語を読んで聞いて、それで単語は
増えていくからまとまった語彙増強なんていらないと思いますか。

この考えがもちろん間違いだなんて思いません。
ただ、まとまった「ボキャビル」の時期を設けた方が
効率はいいと思います。

なぜなら、復習の機会を意識的に設けることで
「忘却曲線」の理論を効率的に生かすことが
できるからです。

車の運転と同様に「自動化には繰返しが必要」
と繰り返し述べてきましたが、この「繰返し」
とはもちろん「復習」も大いに含みます。

人間の母国語の力は本当に、実に、
時には必要以上に相当に強力です。
「馬の耳に念仏」、「荘厳さ」、「解脱」、「粛清」など、
1年に1回も接しないような言葉でも、
耳にした瞬間、または読んだ瞬間に意味をすぱっと
一瞬でとらえられますよね。

なによりモノリンガルな日本の環境も手伝ってます。

母国語意外となるとそうはいきません。
忘却曲線理論によると、人間は初めて一度覚えたことの
約半分は1時間後に、そして7割近くが1日後には
忘れてしまう生き物だそうです。

理想の復習のタイミングはよく
数時間後、その次は1日後、3日後とかとされて
いますが、細かいことは気にする必要はありません。

初めの段階では頻繁に復習するようにして、
定着率が上がって来たら、復習の間隔を
長くしていけばいいのです。

そうしているうちにどんどん長期記憶に
入っていきます。脳は頻繁に接する情報を
大切な情報だと認識して長期記憶に
落とし込むのだそうです。

それでも復習の時期を考えるなんて面倒だ
と思いますか。大丈夫です。極論は
「復習できるときには復習した方がいい」
というだけです。

実際、私自身、ここまで理論上のことだけを
この記事ではお話してきましたが、実際
そう簡単ではありません。

それに、「復習」のタイミングに
ついて精神エネルギーを使うのももったい
ですし、なにせ子どもが小さかったもので、
結局は子どもを抱っこしているときに単語帳を
見るとかくらいしかできなかったときもありました。

結局できるときにできることをやるように
してただけでした笑

トイレの目に入るところに単語メモを
貼っていたり、片手が空いたときに
確認できるよう単語メモを常にポケット
にしのばしてたりしてました。

一定量の語彙(1冊の書籍等)に絞って
効率的に復習していくことで、単にリスニング
やリーディングで出会った単語を覚えていくより
遥かに効率よくまとまった量の単語を覚える
ことができます。

その結果、初めて出会う英語への対応力は
もちろん上昇します。この上昇の幅は、上記で
述べた「一定量」の量が多ければ多いほど
大きくなります。

続きます。

どうかみなさまの応援、
よろしくお願いいたします。

清きクリックが日本を変えていきます。


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com