習慣にしてほしいこと

みなさんこんにちは。

今日もはるばるここまで足を運んでいただき本当にありがとうございます。感謝感謝。

今日は「やはり実行してよかった」ことについてのお知らせです。

先日、お茶の袋を手軽に閉じるためのクリップをダイソーに買いに行きました。
20211128191047.jpg

何気ないただの100円グッズの買い物だけで終わるはずだったのが、とても満たされる結果となりました。

なぜかといいますと、「ネイティブスピーカーと会話を楽しめた」からです。

レジ待ちの列で私の前に並んでいた男性でした。「袋をおつけしますか?」という、易しいとは言えない日本語を後ろから聞いてもう少し気を利かせてくれればいいのにという私の心配(余計なお世話ですよね)に関係なく、「お金かかってもいいよ」という内容で受け答えしていました。

店を出てから私から声をかけました。

You are good at Japanese.から始まり、出身はバンクーバー、日本には25年ほど住んでいること、今は大工をしていること、日本人はとても礼儀がいいなどいろいろ話してくれました。

やっぱりいいものです。相手の母語の英語で話しかけるということ。これは本当にいいです。

もちろん自己のトレーニングという側面もありますが、恩恵はそれだけにとどまりません。

・相手のより深いところに語りかけることができる⇒喜ばせることができる
みなさんは日本人です。日本語のネイティブスピーカーで母語は日本語。どんなに英語を練習しても「thank you」より「ありがとうございます」の方がより深いところへ落ちていきます。これは説明不要でしょう。

これがもちろんどの人にも当てはまります。英語を母語とする方がどんなに日本に長くいても「ありがとうございます」より「thank you very much」などの方がずっと深く心に響くのです。これが「ありがとう」にとどまらずほかの文章全てにあてはまります。

みなさんが長く外国にいる状況を想像してみてください。「thank you」に慣れ親しんだ生活をしているときにいきなり現地の人から「ありがとうございます」と言われたとします。びっくりするだけでなく幸せになりませんか。

「Japanese is difficult」より「日本語は難しいです」の方により心が動かされませんか。

これと同じことをしてあげるんです。実際、今回の方は英語になってからの方が目が輝いていました(そのように見えました)。

・この先ずっと繰り返していくとマンネリ化するという心配は不要
このことを行う度に幸せになれるのは相手方だけではありません。こちらもなることができます。

まず英語学習初期の時期を想像してみます。

なかなか言葉がすらすらとは出てこず、だからこそ意思疎通できたときの喜びはとても大きく、幸せに浸ることができます。

もう少なくとも5年は前の事ですが、私自身の初の会話の時は鳥肌が立ちました。

次に、英語学習が進んだ中級者以降を想像してみます。

今度は言葉をひねり出すのにそこまで苦労することはないかもしれません。その分「何とか意思疎通できた感」は薄れるかもしれません。

しかし、言葉をひねり出すのに苦労しないということは、その分「深い会話」または「たくさんの会話」を楽しむことができます。初心者のときに比べて、広く深くまたは少なくとも広いか深いかどちらかの会話を楽しめるはずです。

これによりやはり幸せを享受できます。

・定期的な「上達の実感」を得る機会になりうる
今まで数えきれないくらい「継続の秘訣の一つは上達を実感すること」ということをお話ししてきました。

ネイティブスピーカーと会話を楽しむことによって、出てこなかった言葉を振り返るなどの「トレーニング要素」だけでなく、上達を実感することによって継続を支える励みを得ることができます。

そして継続が確立していきます。

さあぱっと思い浮かぶメリットだけでもこれくらいありました。

ということで、みなさんもぜひネイティブスピーカーを見かけることがあればその都度声をかけてみてください。

もちろん東京のような都会に住んでいて、毎日ネイティブスピーカーを見かけるのでそのたびに声をかけていては生活に支障が出るという方は例外です。

「その都度」から「適切な頻度」への変更をお願いします笑

オンラインでもたくさん会話はできるじゃないかという反論ももちろん考えられます。

ただやはり、オンラインとオフラインは完全に同じとは言えないというのが私の見解です。体験してみるとわかりますよ。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて本当にありがとうございました。




  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com