生まれて初めての英検の結果は…

みなさんこんにちは。

今日もまたはるばるここまでお越しいただき本当にありがとうございます。感謝ばかりの日々です。

学習は順調でしょうか。

今日は個人的にですけれどもいい報告です。

先日は子どもたちが生まれて初めての英検を受けてきた旨お話ししました。
https://eigo1981.blog.fc2.com/blog-entry-770.html

そして先日ついに届きました。
20220627194706.jpg

封筒を見せると二人ともどきどき気味でした。実はこの日の1週間くらい前からインターネット上で合否を確かめようと思えばできるようになってましたが、一緒に現物で確かめたいと思い、見てませんでした。

上の子どもは2つも年上ですし小学1年生くらいのころからコツコツやってきてましたし、本人の自信があると言っていたのでまぁ予想通りでした。
ko.jpg

が、何と「たくさん間違ったのできっと落ちた」と言っていた下の子どももかろうじて受かっていました驚!!!!
aya.jpg

受かっていたことだけにもびっくりしたのですが、それ以上にこれだけ筆記とリスニングの出来が偏りながら受かっていたことにも本当にびっくりしました。

小学2年生くらい?からコツコツと取り組んできた努力が報われ、本人はもちろん大喜びで、私も表面上はもちろん心の中でも本当に喜びました。

やはり、語学においては才能ではなく「コツコツ」が勝負を決するということが改めて証明されました。

同時に、幼少から英語力を磨くにはやはり読み書きより「リスニングから入る」と効果的なことが証明されたとも思います。

耳でとらえた音を直観的に理解する能力。

残念ながら大人には越えられないリスニングの壁なるところが存在するのは私も認めざるをえないところですが、子どもたちは必要な時間さえ捧げればこの壁を打ち破ることが出来る才能を持っています。

このことは私が今まで読んできた「子ども英語」の書籍数冊にも書かれていますし、私自身本当にそう思っています。

今回はたまたまなのか、二人ともそろって合格というとても輝かしい結果が待ってくれていましたが、これに慢心することなく、これからも「コツコツ」を毎日地道に続けていきたいと思っています。応援よろしくお願いいたします。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて本当にありがとうございました。

(^^♪


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<



コメント

非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com