育児休業を終えて(仕事を再開して)

みなさんこんにちは。

今日もまたはるばるここまでお越しいただき本当にありがとうございます。感謝感謝の日々です。

学習はどうでしょうか。また、仕事生活や私生活は有意義に過ごせてますでしょうか。

私はついに生まれて初めてかつおそらく最後になるであろう育児休業を終えました。
20221003193620.jpg

ただ、育児休業自体についての感想や報告は先日しましたので、今日は仕事が始まっての感想をいくらか報告します。

育児休業期間は午前中は朝から妻と赤ちゃんと1~2時間歩くという日々を送っていました。まずはこれが一番の大きな違いというか、痛いところです。おかげでお腹が空きませんし、体重が増えそうです涙

また仕事に行く前の朝や、仕事が終わって帰宅後に家での自由時間の少なさについてわかってはいたはずなので実際に味わってみると本当に驚きでした。

そして家で過ごせる時間が大量に減ったということは、家族時間も失われたということ。

うちの赤ちゃんに限らず、人は赤ちゃんの時期が身体が一番急激に大きくなる時期です。数カ月で体重が何倍にもなります。

今まではこの過程のほとんどの時間を一緒にいることができたのに、今後はもうできません。

一緒にいても身体が大きくなったのがわかるくらいの急激な成長でした。今後は断片的にしか味わえません。

なんだか育児休業のよさばかり並んでしまいましたが、もちろん仕事が始まってよかったこともあります。

それは「家族時間の貴重さが改めてわかった」ということ。

確かに毎日ずっと一緒にいると、幸せではあるんですけれどもどうしてもほんの少しはマンネリ的な要素も出てきてしまいます。

これが「限られた時間」になったとたん、改めて家族時間の貴重さが実感でき、しかもその時間を充実させようという気持ちも生じ、そして相手への感謝の気持ちが大きくなりました。ほんの1日しか経験しませんでしたがこれらは本当に大きいことでした。

昨日は沐浴を手伝うことができず、妻に迷惑をかけてしまいましたし、感謝の気持ちも改めて沸いたということもあり、今日以降はまた休業中みたいに原則としては私が行っていこうと決めました。

こうして実際に仕事が始まった後に改めて振り返ってみることでまたいろいろ勉強になりました。

男性の育児休業取得、もっと日本全体に浸透してくれればなと祈っています。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて本当にありがとうございました。




  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<



Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com