気分転換に

みなさんこんにちは。 

今日もまたはるばるここまでお越しいただき本当にありがとうございます。感謝の日々です。

今日はちょっとした報告です。

数カ月前、次の音読・リスニング素材として「リスニングのお医者さん」を用意した旨お話ししました。
https://amzn.to/3W0uXV0

この教材を使い込み終わったので、次は何にしようかなと思ったとき(私の通勤にかかる時間は雪のない道路でも片道1時間かかり、田舎の地方公務員としてはかなり長く、リスニングの時間には不自由しないのです笑)に思いついたのが雑誌でした。

もう英語学習を始めてからずっと長い間、いくつかの雑誌が書店に並んでいるのを何回も何回も見ていたので雑誌の名前はすぐに思い浮かび、さっそく用意してみました。
20221206202550.jpg

中古で1冊200円ほどと格安で手に入れました。
中身を全く下調べしなかった私が悪いのですが、多聴多読マガジンの方は残念ながら大半が学習者向けに作成されたトラックで構成されていました。しかしそれでも、ネイティブの生素材も含まれていて容赦ない難易度のものもあり手ごたえ抜群です。

English Journalの方は全てが生素材なのでもちろん手ごたえバッチリです。

「純粋に英語の力を鍛えることが出来れば中身は気にしない」という私のスタンスは、「昔の雑誌なので安くなってくれた」教材と、コストパフォーマンスという意味では相性がいいことが今回分かりました笑

ただ、やはり使っていて思ったことがあります。

こういった雑誌はいろいろなコーナーがあるので、一つ一つのテーマについては中身が不十分な感じがあることです。(連載ものなので当然といえば当然です)

つまり、例えばボキャビルに適したコーナー、シャドーイングに適したコーナーなどあるのですが、どれも満足が行く前に終わってしまうという量なのです。

この理由から、例えば「ハリウッドスターの英語」のように一つのテーマに即したテキストの方がそれぞれの領域においては効率がいいと思います。

しかし、それでも、せっかく用意しましたしやはり使い倒さない理由はありません。危うく不平になってしまうところでした。

気長に楽しんでいこうと思います。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて本当にありがとうございました。

(^^)/


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<



Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com