TOEIC900までの道のり7

みなさん、こんにちは。

今日もまた当ブログへのご訪問、
まことにありがとうございます。

前回、また話が本題からそれてしまいました。
でも、トレーニングの内容に勝るとも劣らないくらい
重要なことですので、省くことはできませんでした。
どうかご容赦ください。

この先ずっとずっと忘れないでくださいね。
みなさんを支え続けること、保証します。

今までで、「スコアが865⇒850と後退したけれども
挫折は味わなかった」という旨、そしてどうして
挫折を味わずに済んだのかもお話ししました。

1プラトー現象についての知識があったから
2「継続」ある限り将来は約束されているから(という知識があったから)

その後、またしつこく、こつこつとトレーニングに
打ち込む日々が続きました。近道はありません。

脳へ負荷をかけ続けるのみ。(もちろんいい意味で)

TOEICの卒業式どころか大敗を喫して、その後実際に
どのようなことをしたのか。

このブログでは、さんざんしつこく「処理能力(スピード含む)」
を上げるためにはスピードを意識したトレーニングが大事という旨
お話ししてきています。

また、以前の記事で「初めて見る・聴く英語」を理解する力も
大事だということも述べました。

言い換えると、既に見た・聴いた英語でスピードを上げてトレーニング
するのも、脳に負荷をかけるという意味では大事ですが、
「初めて見る・聴く」英語をしっかり一発で理解しようとする
トレーニングも同様に大事だということ。

同じスピードだとしたら、間違いなく初見、初聴きの英語の方が
理解しようとする際の負荷が高いですから。

その二つを同時に満たすべく、私の愛用のCDプレーヤーの力を借りました。

https://amzn.to/30r5ya9



スピードを調節できるCDプレーヤーやMP3プレーヤーは
他にもたくさん販売されていますので、通勤時・帰宅時は
MP3プレーヤーで、在宅での学習時はCDプレーヤーで耳を
鍛えるのがいいと思います。

家でも一人きりの静かな時間を過ごせるときは、MP3プレーヤーを
使えば何か家事をこなしながらでも耳を鍛えることができます。

もちろん、パソコンを使って動画でリスニングするのも
中長期的には大ありというかもちろん必ず必要になりますが、
「TOEICに向けたトレーニング」においては動画は不要です。



そして、また新しい模擬試験集を1冊購入し、

https://amzn.to/30r6knz

※当時は次のTOEICまで時間がなかったからという理由と、
安いという二つの理由だけで、上記の、二つ模擬試験が入った
ものを選びました。当時新品で1,000円以下だったと記憶してます。
本当の個人的意見ですが、
著者のみなさん一生懸命試験を研究されているでしょうから、
模擬試験の選択自体に時間や精神エネルギーを
使い過ぎるのはとてももったいないです。何を選んでも
血肉化することによって必ず力になると思います。この
模擬試験集は解答の解説が特徴的だった記憶があります)

初めから、スピードをいくらか上げて模擬試験を
受けたのでした。本当の、一発目の模擬試験の受験からです。

つまり、自分で自分に負荷をかけるよう意識して
トレーニングするという方式から、CDプレーヤーにお尻をたたいてもらって
負荷をかけるという方式を取ったのです。

なおかつ回答後に解答を見直ししないで(採点のみはしましたが)、
また次の日に、そのまた次の日にと、少なくとも
リスニングセクションだけは2週間ほど毎日受け続けました。

そうすることで、「初めて見る・聴く」英語をしっかり理解するという負荷と、
スピードという負荷と両方一気にかけてみました。

2日目以降は正確には「初めて見る・聴く」英語ではありませんが、
解答をしっかり見直さない限り、結構「初めて」に近い感覚が得られました。

まあ予想されるとおり、回数をこなすたびに正答率は上がっていきましたが、
それでも今までのトレーニングとはまた違う手ごたえ、やりごたえがありました。

スコアが865⇒850の時期は「初めて見る・聴く」英語に接する機会が
あったのは、主に初めて模擬試験を受けているときだけでしたので、
このときのトレーニングについては、
スピードはもちろんですが
「初めての英語」ということから生じる負荷に
自分を慣れさせる意味・効果があったんだと思います。

その後結局は、また以前のトレーニングと同様に
二つの模擬試験とも「しゃぶりつくし」ました笑

一応確認のため、内容は以下のとおり。

リスニングセクションは
ディクテーション、シンクロ読み、一人読み、高速読み
シャドーイングをやり込む。
時々リピーティングもやりました。(CDプレーヤーを
目の前にしてトレーニングできるときは)

リーディングセクションはパート5と6は解答を
入れて「音読」(高速読みも)、パート7は
精読を速読。ストップウォッチ必須!

さあいよいよ決戦。

みなさまの清きクリックが、私のブログ更新を後押しし、
日本の将来を確実に変えていきます。

ありがとうございます。


  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング

Comments

Private comment

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com