復習と継続

みなさんこんにちは。

今日もまた朝晩は寒く昼は暖かいという体調管理が難しい日々にもかかわらず時間をとってわざわざここまで足を運んでくださり、本当にありがとうございます。感謝!

学習は順調でしょうか。日々の生活は充実してますでしょうか。

先日、子どもの小学校5年生の親子レクに参加してきました。テーマは「そば打ち体験」でした。
20231028093326.jpg

私が一応名目上は5年生の子ども会の会長なので(親子レクの実質的な準備は全て妻がやってくれまいた(T_T)感謝・・・)始めの会であいさつをする機会がありました。

実は5年生のメンバーは数カ月前も別の場所で、学校の行事の一環としてそば打ちを体験したということを知ってましたので、大まかには以下の内容にしました。

「少し前にそば打ちをやったばかりと言っても、今日はやはりとても貴重な日です。なぜならば重要な復習の機会だから。人間というものはエビングハウスにより提唱された忘却曲線によると何かを覚えた1時間後には半分くらいのことを忘れてしまう。この忘却曲線に抗うためには復習が必要です。今日の機会を絶好の復習の機会ととらえ、そば打ちをものにしてください」

その後皆でそば打ちも食事も楽しみました。

終わりの会でよくある「何かありませんか」のタイミングで、私はそば打ちの先生に「商売できるレベルになるまでどのくらいかかりましたか?または何回かかりましたか?」という質問をしました。

もちろん解答が子どもたちのためになると確信していたからです。

だいたい以下のような内容でした。

「1カ月集中合宿というものに参加してから、いろいろありましたが、おおよそ10年間独学で練習してやっと店を開いた。店を開いたからといってプロになったということではなく、その後はお客さんに育ててもらったという感覚。結局は「継続」が大事なのです」

私の好きな「継続」という言葉が出てきました。心の中で喜んでしまいました。

冒頭で何度か登場した「復習」も、今回出てきた「継続」も同じ分類に入る仲間です。英語学習においてもこれらの2つは非常に重要です。

また、「読書」においても重要です。

原則として毎週1回図書館へ行き子どもたちの読む本を自分たちで入れ替えさせる生活を長年送ってきましたが、ついに大人向けのものになり始めたからです。
20231026202446.jpg

やはりこれも「継続」によって生まれた成果だと信じています。

復習⇒継続。大事にしつつこれからの人生を送ります。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて本当にありがとうございました。



  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

コメント

非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com