雪辱を果たすため

みなさんこんにちは。

今日もまた天候が思わしくない日々が続くにもかかわらず、わざわざ時間をとってここまで足を運んでいただきまして本当にありがとうございます。

日々の生活、どうでしょうか?充実してますでしょうか。

先日、息子と私の英検結果を報告しました。その中で、息子の敗因は語彙力にあるので単語集を選ぶということもお伝えしました。

その結果の報告です。

みなさんご存知のように日本には英語教材はあふれんばかりに出版されていて、単語帳も例外ではありません。

英検に限ったとしてもそれでもかなりの数でしたので少し時間がかかりました。

一昔前までと違い、今はCDもダウンロード音声も付属していないものは皆無ですのでこれについては考慮せず、中身について比較しました。

主な違いは単語の他にコロケーションや熟語(take medicineやcommitt suicideなど)を載せているか、またはフルセンテンス形式で例文を載せているかです。

が、なんと両方とも載せている単語帳もあったのです。

「キクタン」と「英単語フォースキルズ」でした。

そして残る違いはというと、前者はリズムに乗って英単語⇒訳⇒英単語で数単語終えてから、その単語の例文に移るという感じで、後者は典型的に英単語⇒訳⇒例文という流れでした。

両方の音声を子どもに聞かせてどちらがいいのか確認したところ、曲なしのオーソドックの方がいいということでしたの今回の買い物になりました。
20231107191657.jpg

おまけとして気付いたのですが、こちらの方がキクタンより優れている点がありました。何と英英辞書形式の訳もついていました!ありがたい授かりものです。(子どもは読めないかもですが・・・)
20231107191719.jpg

お気づきだと思いますが、私はなぜか教材を選ぶのに必要以上に時間をかけてしまいます。

もちろん、いったん手元に来て使い始めればどんな教材もそこまでの大差はないということは分かっているのですが・・・私の悪い癖です。

先日本人に渡して、「カバー外すなり自分の好きなように使っていいから頑張れ」と伝えました。

あとは次回の英検を待つのみ!

精進してまいります。

本日もお忙しいところのご訪問・閲覧まことにありがとうございました。

みなさまの日々の清き応援クリック、本日もどうかよろしくお願いいたします。

改めて本当にありがとうございました。

☆☆☆

  にほんブログ村 英語ブログ TOEIC
英語ランキング<

コメント

非公開コメント

プロフィール

板垣 直人

TOEIC920 TOEICSW340/400 英検1級
1981年3月生まれ 秋田県在住地方公務員
大学受験までは英語を勉強した経験はあったものの、就職してから31歳まで、まったく英語に縁のない生活を送ってました。20代のころからたまにTOEICを受けてましたが(勉強せずに)500~600点台をさまよってばかりでした。
2012年の夏、31歳から少しずつ英語学習を再開し2年後2014年の夏、33歳からは「毎日学習」の軌道に乗せ、今日に至ります。学習時間を確保するためSNS類はやっていません。唯一、学習時間管理のため、study plusに登録しています。(naoto)
経過
2006 9 610
~~この間ぽつぽつと受けてました
2010 01 655 2012夏少しずつ勉強開始
2014 11 655  2014夏勉強が毎日になる
2015 03 865
2015 11 850
2016 01 920(L465R455)
2017 11 340/400(S160/200W180/200)
2018 06 英検1級初挑戦
    一次試験合格も二次試験没涙
    11 二次試験惜敗大涙
2019 02 二次試験落第号泣
    06 二次試験合格
連絡先 naotonaoto198121@gmail.com